東京の地名―地形と語源をたずねて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309226057
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0039

内容説明

東京には魅力と謎に満ちた地名がたくさんある。山手線、都心部、中央線、下町、武蔵野、奥多摩、伊豆諸島の島々…と、東西南北、東京都全域の気になる地名を正面から考える。

目次

第1章 山手線の駅名由来記
第2章 都心部の気になる地名
第3章 中央線に沿って
第4章 地名は化ける
第5章 下町地名散歩
第6章 地名でさぐる武蔵野の暮らし
第7章 奥多摩山村誌
第8章 東京都・島名小辞典

著者等紹介

筒井功[ツツイイサオ]
1944年、高知市生まれ。民俗研究者。元・共同通信社記者。正史に登場しない非定住民の生態や民俗の調査・取材を続けている。第20回旅の文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

山手線、都心部、下町から武蔵野、奥多摩、伊豆諸島まで、全東京都の気になる地名を考える。全国の類似地名との比較も面白い。

【著者紹介】
1944年生まれ。民俗研究家。 著書に、『サンカの真実 三角寛の虚構』『葬儀の民俗学』『新・忘れられた日本人』『サンカの起源』『猿まわし 被差別の民俗学』など。