土にまみれた旗

個数:

土にまみれた旗

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年01月24日 03時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 551p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309208312
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

20世紀最大の物語「ヨクナパトーファ・サーガ」の第一作目となり、生前〈完全版〉として世に出ることのなかった幻の傑作が初邦訳。

内容説明

暴力、スピード、死―心に傷を負い戦争から帰還した青年の絶望と破滅。ガルシア=マルケス、中上健次ら次代の巨匠へ影響を与えた世界文学史上最高の物語群の始まりとなる傑作の「真の姿」。『サートリス』オリジナル版。記念碑的大作、初の邦訳。

著者等紹介

フォークナー,ウィリアム[フォークナー,ウィリアム] [Faulkner,William]
1897年、ミシシッピ州生まれ。南部の名家に育ち、田舎町オクスフォードで生涯の多くを過ごす。大学や軍隊を転々としながら、詩・散文の執筆を手がける。24年、最初の詩集『大理石の牧神』を発表。その後、南部の架空の土地ヨクナパトーファを舞台とするサーガに着手し、長編や短編を次々発表する。46年『ポータブル・フォークナー』の出版を機に国内外で評価が高まり、50年にはノーベル文学賞を受賞。その後の世界の文学に大きな影響を与えた。62年に没

諏訪部浩一[スワベコウイチ]
1970年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部准教授。上智大学卒業。東京大学大学院修士課程、ニューヨーク州立大学バッファロー校大学院博士課程修了(Ph.D.)。著書に『ウィリアム・フォークナーの詩学―1930‐1936』(松柏社、第14回清水博賞受賞)、『『マルタの鷹』講義』(研究社、第66回日本推理作家協会賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Odd-i

32
昨年は『アブサロム、アブサロム!』という実に濃ゆ〜い物語にノックアウトされた私でしたが、今夏は、この作品も含むミシシッピ州の架空の郡を舞台にした壮大な作品群「ヨクナトーファ・サーガ」の第一作が読めるとあって、早速手に取りました。1927年に完成したものの11社に断られた末、本人以外の人に4分の1をカットされ刊行された長篇。今回の決定版を読むと、削除された部分(通常を逸脱した愛)にこそ、多様で奥深いものがあるように感じました。フォークナーが死ぬまで書こうと意図した遠大で複雑な南部世界への入り口として、ぜひ。2021/07/28

ケイトKATE

29
フォークナーが生涯に渡って書き綴った「ヨクナパトーファ・サーガ」の第一作である『土にまみれた旗』は、アメリカ南部の宿命が描かれている。本書を読んでいると、南北戦争で敗北したことで、アメリカの主流から取り残されてしまった屈辱感を50年経過しても引きずっている南部社会の重苦しさが終始漂っている。さらに、ヤング・ベイヤード・サートリスに象徴している絶望と破滅は、第一次世界大戦に従軍し傷ついた“ロストジェネレーション”の気持ちが代弁されている。私はフォークナーほど、アメリカの影を映し出した作家はいないと思う。2021/10/22

くまさん

26
「時と肉体から解放されていながら、死者には二人の老人のどちらよりもはるかに実在感があった」。印象的な冒頭から、登場人物たちの含蓄のあるせりふ、キズイセンやグラジオラスやランタナ、マネシツグミやオポッサムといった動植物、そして陽光や夕闇や月光のなかの風景に魅了されつづけることのできる長編小説である。サートリス家の男たちの人生と運命を見つめるミス・ジェニーとナーシサのまなざしには諦念が込められており、ところどころに現れる「平和」や「静寂」という言葉を前にして不思議な感覚に包まれ、この作家の凄みに心を奪われた。2021/09/30

warimachi

2
正直言ってよくわからなかったが、たしかに若書きの勢いらしきものはやたら伝わってきた気がする。嫌いではない。2021/09/24

御庭番

1
一回じゃ私は理解しきれなかったかな。 この時代、特に南部に生きた人、名門から没落というか北部に負け、生き方を変えていかねばならなかった人たちのいろんな感情。黒人奴隷の描写も自然でに思えた。 【図書館で借りました】2021/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17890338

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。