むずかしい女たち

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

むずかしい女たち

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年01月24日 04時06分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309207582
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

女として生きる先にはいつも困難が待ち受けている。ベストセラー『バッド・フェミニスト』のロクサーヌ・ゲイが描く、21の物語。

ロクサーヌ・ゲイ[ゲイ,R]
著・文・その他

小澤 英実[オザワエイミ]
翻訳

上田 麻由子[ウエダ マユコ]
翻訳

内容説明

幼い頃に誘拐され監禁された過去を持つ姉妹。彼女たちの人生は続く(「ついていく」)夫がときどき双子の兄と入れ替わっているのを知っている妻(「カインの徴」)ふしだらな女、不感症の女、いかれた女…哀しく美しいそれぞれの女たち(「むずかしい女たち」)女版ファイト・クラブを夜な夜な開催する私と親友のテイト(「赤ん坊の腕」)男しかいない職場で疲弊する私が出逢ったのは(「ノース・カントリー」)人生を犠牲にしてきたハナは、親友であり愛し合っているローラと家を出る(「どんなふうに」)私の忘れられない記憶をゆっくりと癒やしてくれたあなた(「ほかの神々」)他、これまで見ないふりをされてきた、女の傷と痛みに寄り添う21編。

著者等紹介

ゲイ,ロクサーヌ[ゲイ,ロクサーヌ] [Gay,Roxane]
1974年ネブラスカ州生まれ。ハイチにルーツを持つ作家・大学教授。「ニューヨーク・タイムズ」等にエッセイを多数寄稿、独自の視点でフェミニズムを考察した初エッセイ集『バッド・フェミニスト』(2014)がベストセラーとなり、一躍オピニオンリーダーとなる。小説家としても評価が高い

小澤英実[オザワエイミ]
1977年生まれ。アメリカ文学、文芸評論、翻訳家。東京学芸大学准教授

上田麻由子[ウエダマユコ]
アメリカ文学、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

132
病んでいる。心のねじれが吐き出されている。たくさん読むと吐き気がするから、他の本たちと併読しながらで、読むのに一週間かかった。最初に作者の写真を見なきゃ良かったな。痩せて魅力的な身体の女の子ばかり出てくる違和感。短編の一つ一つの重みはとてもいいから、他の作家とのアンソロジーで読むのなら好きになれたと思う。2019/02/20

marumo

10
キツすぎて全部通して読めなかった。「ついていく」姉妹揃って拉致された過去を持つ女性の今。「ラ・ネブラ・ブランカ」白人美女にしか見えない黒人の娘。学費のためにポールダンサーをしている。白人至上主義の男に執着されてレイプされる。ここにあるのは、女であることの重荷。実のところ自分との乖離が大き過ぎて突き詰めて考えられない。でも、もしも娘が…、と考え出すと背筋が粟立って大声を出したくなる。再チャレンジします。2021/05/30

ひとみ

10
『バッドフェミニスト』が面白かった著者の短編集。不当なことがあれば声を上げる、従順でない、意思や欲望、怒りや悲しみがあるからこそ周囲との摩擦を生じることもある「難しい女」達の物語。有色人種で高学歴の女性が遭遇する差別、レイプ、親友や双子の姉妹、慣れない北国での生活、死産かもしくは小さいうちに亡くした我が子といった共通するモチーフが繰り返し登場する。「ついていく」「ラ・ネグラ・ブランカ」「ノース・カントリー」「どんなふうに」「壊しつくして」「よしよし」あたりが心臓にぐっと切り込む感じがあって好きだった。2019/02/16

インフルエンザ未遂(田仲風太)

9
フェニミズムがはたと感じる触り行く官能に 女性目線の抗うリアルな性描写を開けて ふわりがかいつばんだ久しい頭の垂れた文句に 浅はかな艶やかな知らない顔に不律な悶える さらわれる乳白色 実証の検証が足りない 不惑の悲壮感 漂う惰性よ 2019/01/19

chiro

7
この本に登場する女性たちが背負っている傷はそれぞれ違うが、傷を背負っているが為に自分を上手くさらけ出す事が出来ず、人間関係を良好に保つ事が難しい現実の中でそれでも毎日を生き抜く辛さや苦しみが伝わってくる。特に最後の「ほかの神々」で主人公が受ける筆舌に尽くしがたい出来事が、実は著者の経験と重なる事を知って悲しくなってしまった。2019/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13208303

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。