東京ディストピア日記

個数:
電子版価格 ¥1,892
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

東京ディストピア日記

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月21日 15時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 267p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309029610
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

東東京で過ごした2020年1月~2021年1月の日記。分断が進むこの世界で、私は、あなたは、何を思考する、誰なんだろう――?

内容説明

すべて現実に起きたこと、コロナ禍の一年間。オリンピック延期、和牛券、休業要請、#うちで踊ろう、Zoom飲み会、アベノマスク、ステイ・ホーム太り、自粛警察、極端な選択、2度目の緊急事態宣言…誰もが体験したコロナ禍の暮らし。作家が仔細に記録する2020年1月~2021年1月の現実。

目次

1 桜咲く―二〇二〇年一月二十六日(日)~二〇二〇年三月八日(日)
2 日常の終わり―二〇二〇年三月九日(月)
二〇二〇年四月七日(火)
3 ステイ・ホーム?―二〇二〇年四月八日(水)~二〇二〇年五月六日(水)
4 新しい生活―二〇二〇年五月七日(木)~二〇二〇年五月二十九日(金)
5 わたしは何者か?―二〇二〇年六月二日(火)~二〇二〇年七月十八日(土)
6 ディストピア―二〇二〇年八月四日(火)
二〇二〇年九月六日(日)
7 ガールクラッシュ―二〇二〇年九月十三日(日)~二〇二〇年十月二十五日(日)
8 時間どろぼう―二〇二〇年十一月十五日(日)~二〇二〇年十二月三十一日(木)
9 分断と融和―二〇二一年一月七日(木)
二〇二一年一月九日(土)

著者等紹介

桜庭一樹[サクラバカズキ]
1971年島根県生まれ。99年、ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。2007年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞受賞。08年『私の男』で直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

206
桜庭 一樹は、新作中心に読んでいる作家です。ディストピア(コロナ禍の2020年)の出来事を淡々と綴った日記でした。まだ1年前の出来事ですが、少し昔のような感じがしました。まだまだ続いているのに・・・ https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309029610/2021/06/03

うののささら

112
桜庭一樹のコロナの日記。出来事は文書に残しとかないとすぐ忘れられて、中国や朝日新聞に都合のいいように変えられてしまうので事実を書き残すのは大切なこと。もう忘れているがいろいろなことがあったな。未知のウィルス相手に良くやったと思う。今台湾がコロナ増えているの見ると結果的には止められなかったからクルーズ船や中国人どもが春節ウィルスを撒き散らしのも弱毒には結果オーライだったかな。本の内容はワイドショーのまとめみたいでした。2021/06/22

みかん🍊

106
2020年1月から2021年1月までの東東京に住む著者のコロナ禍での日記が実際の出来事や感染者数等克明に書かれている、1年半前の事ながらあまりにも沢山の事があり変化して行く為まるでSFを読んでいる気分になる、自分は地方暮らしなので気を張って、どこかでもしや感染しているのではとビクつきながらもまだ普段と変わらず県内では閉店している所も少なく外出もしているので、東京の様子とはまた違っている、世の中には変わって行かねばいけない問題が沢山あり他に選択肢がなくなり変わるしかなくなるまで人間は変われないもんだった。2021/07/28

ジュール リブレ

86
コロナに振り回された2020年の東京を定点観測。桜庭一樹さんは東京下町に住んでるんだな。時折り知ってる風景が出てくる。日々のルーティンがコロナによって変化していき慣れたお店が閉まったり、何気ない会話が減り、ギスギスした関係が増え。リアルな関係が薄くなった一方で、SNSの根拠のない噂に振り回されることが増える。政府や都知事は犬笛を吹き住民を従わせ、自らが決めたルールも守らず会食で感染とか。いろいろありましたね。そう言えば。早く落ち着き明るい日々が戻りますように。2021/07/04

さっこ

73
2020年1月~2021年1月のコロナ禍の1年を桜庭一樹さんの視線で記録した日常。エッセイでも小説でもなく淡々と変わりゆく世界を記録している。あ~そんなこともあったな~と、たかだか一年前なのに遠い昔のように感じたり。昔の暮らしを懐かしみながら、憤りや心細さが大きくなってくる。作品としてあまり面白味はないけれど、大変な時代の記録として読むのはいいかも。2021/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17582240

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。