ふたりでちょうど200%

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

ふたりでちょうど200%

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月13日 13時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309029269
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

転生したらまた友達になった件。――バドミントンのダブルス、アイドルと推し、人気俳優とリアリティショーYouTuber……。

内容説明

新時代の男子・友情・世界を描く連作小説集!

著者等紹介

町屋良平[マチヤリョウヘイ]
1983年生まれ。2016年「青が破れる」で第53回文藝賞受賞、第30回三島由紀夫賞候補。2018年「しき」で第159回芥川龍之介賞候補、2019年「1R1分34秒」で第160回芥川龍之介賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

209
町屋 良平は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、今時の若者のバディモノの青春譚でした。著者は芥川賞受賞をピークに進化していない気がします。私には、保育園が一緒(但し、記憶にない)、小中別、高校一緒、大学以降別の半世紀に渡る友人がいます(笑)2021/02/11

アキ

84
2019年芥川賞受賞の町田良平の最新作。来週の著者のオンライン刊行記念対談の前に読了。4編の短編から成るが、どれも登場人物の名前は同じです。でも設定も関係性も性別も作品により異なります。共通するのは鳥井と菅が小学校の同級生で偶然それに気づくことと、海で溺れかけた記憶があること。バトミントンのペアを組んだ時の言語化される手間のさとりの感覚や身体に残る意識化されない記憶、見る・見られる関係性をテーマにしている小説でした。「フォアハンドがまるで生の側だとしたら、バックハンドは死の領域だと思う。」身体感覚の言語化2020/11/14

kei302

58
「記憶が まるで四回目の今生」菅航大と鳥井陽太の四回の人生の断片。主題と変奏みたいだ。ふたりが主題で、バリエーションが4つ「カタストロフ」「このパーティ気質がトウトイ」「ホモ・ソーシャルクラッカーを鳴らせ」「死亡のメソッド」。混ざり合った状態で描かれる菅と鳥井が、一話ずつ進むにつれてじょじょに輪郭を成し、分離していくのが読んでいておもしろかったけど、ふたりでちょうど200%は出来すぎなので、150%ぐらいでちょうどだと思った。 2021/12/29

ヒデミン@もも

57
図書館の棚で背表紙に呼ばれて手に取った。少し読み始めたら心地よい文章。家でじっくり読んだらよくわからないストーリー。さすが芥川賞作家。なんかいいな男子の友情。2022/02/05

いっち

43
パラレルワールドっぽい短編集。4つの短編を収録。どの短編でも菅と鳥井という若い男が登場。ただ仕事や役割が異なっている。つまりパラレルワールド。タイトルの「ふたり」は菅と鳥井のことで、「200%」は営業成績の達成率が菅129%、鳥井71%からきている。菅の高い達成率は鳥井のフォローが効いてるし、鳥井の低い達成率は菅のフォローという理由を作り出している。持ちつ持たれつ。ひとりで一人分ではなく、ふたりで二人分。タイトルや装丁はポップだが、内容は難しい。著者はやさしい言葉で、深い(難しい)内容を描こうとしている。2020/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16857956
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。