沈黙は猛毒、お喋りは百薬の長

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり

沈黙は猛毒、お喋りは百薬の長

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 06時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 196p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309025056
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C0095

出版社内容情報

80歳現役医師が、老化防止のために提唱する「今、できること」。お喋りと早歩きの効用等、日常生活での知恵が満載。書下し36篇。

石川 恭三[イシカワ キョウゾウ]
1936年東京生まれ。慶應義塾大学医学部大学院修了後、アメリカのジョージタウン大学留学。杏林大学名誉教授。日本屈指の名医。『心に残る患者の話』『医者が見つめた老いを生きるということ』等著書多数。

内容説明

笑顔の老後に向けて、今すぐできること!老化防止の処方箋。80歳・現役医師、書き下ろし36篇。

目次

第1章 今、できること(お喋りのすすめ―認知症予防に必須の良薬;コーヒーブレーク―気分一新、頭の無風状態に冷風を ほか)
第2章 賢老危うきに近寄らず(賢老危うきに近寄らず―自分だけの判断で、すぐに行動しない;年はときどき嘘をつく―体の不調を「年のせい」で片付けない ほか)
第3章 耳よりな話(インターン―人生の新たなステップに向かって;右か左か―目、耳、手足。高齢になるにつれて左右の差は顕著に ほか)
第4章 命の持ち時間(人を見て法を説け―「知らぬが仏」という選択肢;痩せ我慢―精神を強靱にし、試練を丁寧に通過する ほか)

著者等紹介

石川恭三[イシカワキョウゾウ]
1936年、東京生まれ。慶應義塾大学医学部大学院修了。アメリカ・ジョージタウン大学留学を経て、杏林大学内科学教授。現在は名誉教授。臨床循環器病学の権威で、専門の心臓病に限らず幅広く活躍。執筆活動も盛んで、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はる

2
図書館の新刊本。高齢になったらよく話すと良い、そんな要旨。2017/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11205466

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。