時間のかかる読書―横光利一『機械』を巡る素晴らしきぐずぐず

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 290p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309019444
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

これはいったい、どんな種類の冗談なんだ?――わずか1時間ほどで読み終わる短篇小説を、11年余の時間を費やして読み解きながら、「読むことの停滞」を味わいつくす文学エッセイ。

内容説明

わずか1時間ほどで読み終わる短篇小説を、11年余の歳月を費やして読み解きながら、「読むことの停滞」を味わう文学エッセイ。

目次

『機械』横光利一
時間のかかる読書(一九九七年四月~二〇〇八年六月)

著者等紹介

宮沢章夫[ミヤザワアキオ]
劇作家、演出家、小説家。遊園地再生事業団主宰。早稲田大学文化構想学部表象・メディア論系教授。1956年12月9日、静岡県生まれ。多摩美術大学中退。80年代より舞台活動をはじめ、1990年から作品ごとに俳優を集めて上演する「遊園地再生事業団」を主宰。1992年上演の『ヒネミ』が第37回・岸田國士戯曲賞を受賞。活動の中心を演劇にシフトさせながらも、その後もさまざまな分野で活躍し、数多くのエッセイ、小説、評論などを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯

39
11年という尋常ではない時間をかけて一編の短編、横光利一の『機械』を読み、連載していくという挑戦。もう最初の方に何が書いてあったのか何を感じたのか忘れてしまうのではないかしら。感想で小説の登場人物につっこんでいいのか!という驚きと発見がありました。(何というざっくり感!)2016/03/31

たまご

15
タイトルから,読むほうも時間がかかるのかと覚悟していたら,11年かけて連載したものを数日で読んでしまい,ちょっと申し訳なく.各連載のところに1行時事が載っていて,知っているものありこんなのあったっけっていうのあり,世相の移り変わりを感じます.でも,11年かけていても,読み方が大きく変化しないところ,宮沢さんのぶれない姿勢がすごいなあと. 状況がそろって,きっかけが起こったら,あとは登場人物は機械の歯車のごとく,進んでいくしかない,ということなんですかね,機械… 難解な….2016/01/05

子音はC 母音はA

5
11年以上かけて同名小説を読み込み分析していく。連載形式をとり、その都度、疑念に思った該当箇所をこれでもかと突っ込んで詳らかにする。一冊の書物を丸裸にするプロセスが贅沢に映る。寓話を読み解く作法を思い知る。2014/06/11

Kamogawawalker

4
『機械』を少しずつ、宮沢さんのエッセイの進行と合わせるように読んでいき、読むことの新たな楽しみを感じることができました。横光利一と宮沢さんの、不可解なものを見る視線が興味深かったです。2014/08/11

○○○ ○○

3
この本を読むのには時間がかからないし時間をかけなければ書けないことが書いてあるわけでもないけど、いわゆる逐語注解と違ってあえて近視眼的に振る舞う読み方によって生まれてる実況的なツッコミに近い読み方は実際の読書体験とかなり近い瞬間を感じさせることがあって、でも執拗な読みとワンフレーズ的なキーワードをフックにした読みは確実に自分の読みとはずれていくので、そこで対立的に自分の読み方が立てられる、するとそこで自分の読みが11年分の伸びに釣られて引き伸ばされていくというのは結構面白かったのかもしれない2015/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/537098

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。