細胞診ガイドライン〈2〉乳腺・皮膚・軟部骨〈2015年版〉―乳腺/皮膚/軟部骨

個数:

細胞診ガイドライン〈2〉乳腺・皮膚・軟部骨〈2015年版〉―乳腺/皮膚/軟部骨

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 240p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784307050449
  • NDC分類 492.19
  • Cコード C3047

目次

細胞標本作製法(塗抹固定法;染色法)
乳腺(検体採取法;検体処理法 ほか)
皮膚(正常皮膚の構造;皮膚細胞診の特殊性と問題点 ほか)
軟部骨(軟部骨腫瘍の病理と臨床像;軟部骨腫瘍細胞診の手技、臨床的意義(診断精度) ほか)

出版社内容情報

全身26領域の細胞診を全5巻にまとめた学会初のガイドライン

全身26領域の細胞診を全5巻にまとめた学会初のガイドライン。本書には、全領域共通の「細胞標本作製法」のほか、「乳腺」「皮膚」「軟部骨」を収載。各臓器の特異性に配慮し、臓器ごとに、検体採取法などの基礎的知識から、疾患の理解や診断・治療に必要な最新の分子病理学的知見までを、多数の細胞像カラー図譜を用いて解説。近年、急速に進歩する細胞診の知識を整理し、現在のスタンダードを理解するために必携の一冊。