都市建築TOKYO―超高層のあけぼのから都市再生前夜まで

個数:

都市建築TOKYO―超高層のあけぼのから都市再生前夜まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 13時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 252p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784306046856
  • NDC分類 523.136
  • Cコード C3052

出版社内容情報

日本初の超高層霞が関ビル竣工から約50年間に大きく変貌してきた東京の、建築、都市、環境分野での都市史である。

「東京区部にあり、時代の公益的な思潮を切り拓く建築」と著者たちに定義された「都市建築」。これまでの超高層化の経緯とこれからの都心建築の在り方を探るべく、都市計画や建築設計の実務者の実践を収録する。

目次

1 「都市建築」を考える(言葉の定義:本書で用いる「都市建築」の概念;社会背景:「都市建築」を生じさせる諸要因;法制度の更新:「都市建築」における手法の検討 ほか)
2 「都市建築」を振りかえる(資料編1:「都市建築」の実例;資料編2:「都市建築」の集積過程)
3 「都市建築」を語る(座談会1:これまでの/これからの「都市建築」;座談会2:次世代価値の可能性を「都市建築」に埋め込もう;インタビュー:次世代の「都市建築」への提言)