みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史―史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史―史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

  • ウェブストアに1173冊在庫がございます。(2020年04月09日 17時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784296105359
  • NDC分類 338.5
  • Cコード C0055

内容説明

「2025年の崖」からの転落を防ぐ秘訣がここにある。

目次

第1部 IT業界のサグラダファミリア、ついに完成す(三十五万人月、四千億円台半ば、巨大プロジェクトはこうして始まった;さらば八〇年代、新システム「MINORI」の全貌;参加ベンダー千社、驚愕のプロジェクト管理;緊張と重圧、一年がかりのシステム移行;次の課題はデジタル変革;「進退を賭けて指揮した」みずほフィナンシャルグループ酒井辰史社長インタビュー)
第2部 震災直後、「またか」の大規模障害(検証、混迷の十日間;重なった三十の不手際;一年をかけた再発防止策)
第3部 合併直後、「まさか」の大規模障害(現場任せが諸悪の根源;無理なシステム統合計画を立案;大混乱の二〇〇二年四月)

著者等紹介

山端宏実[ヤマバタヒロミ]
日経コンピュータ/日経クロステック記者。『日経コンピュータ』『日経情報ストラテジー』、日本経済新聞社企業報道部の記者を経て、2018年4月から現職

岡部一詩[オカベヒトシ]
日経FinTech編集長/日経クロステック記者。大手IT企業を経て日経BP入社。『日経コンピュータ』『日経FinTech』記者を経て、2019年4月から現職

中田敦[ナカダアツシ]
日経コンピュータ/日経クロステック副編集長。『日経Windowsプロ』『日経コンピュータ』などの記者やシリコンバレー支局長を経て、2019年4月から現職

大和田尚孝[オオワダナオタカ]
日経コンピュータ編集長/日経クロステックIT編集長。SEを経て日経BP入社。『日経コンピュータ』や日本経済新聞社の記者を経て2019年4月から現職

谷島宣之[ヤジマノブユキ]
日経BP総研上席研究員。『日経コンピュータ』『日経ウォッチャーIBM版』などの記者、編集委員を経て、2009年に日経コンピュータ編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件