東京「農」23区

個数:
  • ポイントキャンペーン

東京「農」23区

  • 高橋 淳子【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 文芸社(2007/06発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月12日 19時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 115p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784286029283
  • NDC分類 612.136
  • Cコード C0072

内容説明

かつて東京は農業生産の拠点だった。はたしてその面影はあるのだろうか?わずかな情報を頼りにたどり着いた田んぼや畠は、往時を偲ぶ郷愁に満ちた光景でもなく、廃れた風景でもなかった。それは、そこに関わる人々の思いの詰まった、かけがえのない―「農」の現実だった。都市に息づく農業の姿を求めて歩き、そこで出会った東京23区のもう一つの姿に迫る写真集。

著者紹介

高橋淳子[タカハシジュンコ]
1947年山形県生まれ。5歳の時上京。独身時代の20年間を下町で過ごす。演歌歌手として地方回りを経験後OLに転向、三菱商事、松下電工に勤務。結婚後、自宅、手芸店等にて編み物講師を10年間続ける。1994年絵画の勉強に使いたいと、一眼レフカメラを購入、写真の魅力にとりつかれる。2002年ライフワークとして日本の「農」を撮り始めフリーの写真家となる。1996年千葉県勤労者美術展労働大臣賞、2000年全国公募団体三軌展三軌会賞。他入賞入選多数。社団法人日本写真家協会(JPS)会員、社団法人日本写真協会(PSJ)会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)