人間の記録<br> 中原中也―その頃の生活/日記(一九三六年)他

個数:

人間の記録
中原中也―その頃の生活/日記(一九三六年)他

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784284700764
  • NDC分類 911.52

目次

一つの境涯―世の母びと達に捧ぐ
金沢の思い出
その頃の生活
耕二のこと
医者と赤ン坊
我が生活
散歩生活
古本屋
(無題)
亡弟
詩的履歴書
(履歴書)
住所録
在りし日の歌(抄)
未刊詩篇(抄)
日記(一九三六年)

著者紹介

中原中也[ナカハラチュウヤ]
1907~1937。山口県生まれ。医者の長男として生まれる。8歳で弟を病気でなくし亡弟を歌ったのが詩作の始まりで、幼い頃より優れた詩才がうかがわれた。ランボーやボードレールに傾倒。「四季」「歴程」の同人となり、詩を発表。詩集『山羊の歌』を自費出版。結核性脳膜炎で30歳という若さで世を去る。死後世評が高まり、友人小林秀雄により詩集『在りし日の歌』が出版される。近代文学を代表する叙情詩人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)