陽の中に - 女声合唱組曲

個数:

陽の中に - 女声合唱組曲

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 39p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784276552692
  • NDC分類 767.4
  • Cコード C1073

出版社内容情報

竹久夢二の6つの詩からなる組曲。大きな災厄の悲しみや怒りから、徐々に明るみを帯び希望を見出していく流れが全体を形作る。

女声合唱団アンサンブルキアーラにより委嘱、初演された作品(指揮=伊東恵司)。竹久夢二の6つの詩からなる全5曲の組曲。「その日から止まったままで動かない…」という印象的な一節で始まる第1曲の詩「動かぬもの」「再生」は、夢二が関東大震災の衝撃を受けて書いたものとされる。大きな災厄の悲しみや怒りから、徐々に明るみを帯び希望を見出していく流れが組曲の全体を形作る。竹久夢二は美人画の画家として広く知られ大正ロマンを象徴する人物だが、北川氏の音楽は美しい旋律や和声を響かせながら華美でありすぎず、この独特のロマンチシズムを湛えている。組曲の最後「春遠からじ。」という一節は、シンプルなカデンツが用いられ、余韻とともに、静かに感動的に組曲を締めくくる。

[曲目]
?T 動かぬもの―再生
?U 月日
?V 花のゆくえ
?W なぎさ
?X 冬来りなば春遠からじ

【著者紹介】
詩:画家・詩人。本名、茂次郎。岡山県生まれ。挿絵画家として夢二式と称される女性像を創作し人気を博した。グラフィックデザインにもすぐれたものがある。代表作として画集に『長崎十二景』(1920)、『女十題』(1921)、『黄八丈』(1929)、詩集に『どんたく』、『夢のふるさと』、『青い小径』などがある。