人工知能と社会―2025年の未来予想

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり

人工知能と社会―2025年の未来予想

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年09月21日 18時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784274221811
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C3055

内容説明

2025年という日本における大きな構造変化に焦点をあて、そのときまでに人工知能研究開発がどのように進展するのかについて、単に技術論ではなく、人工的に知能を創るというからには、そもそも知能とは何か?人はなぜ知能を発揮できるのか?といった根源的な問題についても考察する。

目次

第1章 2025年がやって来る!
第2章 ロボットと人工知能
第3章 IoTとは―時間・空間・人 物間をつなげることの効果とインパクト
第4章 自然言語処理と人工知能
第5章 人工知能における感性
第6章 社会に浸透する汎用人工知能

出版社内容情報

人工知能研究の取組みに焦点を当て、要求を実現するための仕組みや人工知能研究における感性への取組み、対話への取組みを解説。2025年時点で人工知能が到達している地点を現実的に予想!
これからの社会に人工知能を活かすための技術を解説!
本書は、東京五輪も終わり、超・超高齢社を迎え大きく様変わりしているであろう「2025年」において、人工知能が到達している地点およびクリアできていない問題点を予測するとともに、これからの社会に対する人工知能研究の取組みに焦点を当て、求められる能力を実現するための仕組みや人工知能研究における感性への取組み、そして人における最も重要な対話への取組みについて解説します。また、これからの人工知能にはロボットという身体や、IoTにより人における五感を持つことも必須であり、ロボットやIoTと人との関わりからこれからの人工知能についてわかりやすく解説します。

1章 本書の趣旨と全体の概要
2章 人工知能による感性
3章 人工知能と自然言語処理
4章 ロボットと人工知能
5章 IoTと人工知能
6章 社会に浸透する汎用人工知能
あとがき

AIX(人工知能先端研究センター)[エーアイエックス]
監修

栗原 聡[クリハラ サトシ]
著・文・その他

長井 隆行[ナガイ タカユキ]
著・文・その他

小泉 憲裕[コイズミ ノリヒロ]
著・文・その他

内海 彰[ウツミ アキラ]
著・文・その他

坂本 真樹[サカモト マキ]
著・文・その他

久野美和子[クノ ミワコ]
著・文・その他