講座源氏物語研究〈第4巻〉鎌倉・室町時代の源氏物語

  • ポイントキャンペーン

講座源氏物語研究〈第4巻〉鎌倉・室町時代の源氏物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6変判/ページ数 317p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273034542
  • NDC分類 913.36

内容説明

鎌倉・室町時代の『源氏物語』のありよう、また研究と鑑賞のじっさいを評定し、中世文学における対『源氏物語』意識、摂取の様相からさまざまな問題を提起する。

目次

源氏物語研究史の現在―源氏研究幻想についての断章三つ
歌合の中の『源氏物語』―権威としての『源氏物語』の成立
『源氏物語』と中世和歌
『源氏物語』と中世紀行文学―「麓のちり」を基点として
兼好法師と『源氏物語』―『徒然草』の『源氏物語』引用
『増鏡』における象嵌
古注釈・梗概書
『源氏物語』の仏教的解釈―橋姫巻の前半を読む
鎌倉・室町時代の『源氏物語』―『夜寝覚物語』『とりかへばや』などを通して
『源氏物語』と院政期物語
『源氏物語』と鎌倉時代物語
『夢の通ひ路物語』主題分析―物語構造と源氏物語摂取の背景
『源氏物語』と室町物語
『源氏物語』と中世芸能

著者紹介

三角洋一[ミスミヨウイチ]
東京大学教養学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)