レーニン最後の模索―社会主義と市場経済

レーニン最後の模索―社会主義と市場経済

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784272430796
  • NDC分類 309.3
  • Cコード C0010

内容説明

レーニンは、ロシア革命直後、そして戦時共産主義を経て、試行錯誤の末に新経済政策(ネップ)にたどりつく。それは、社会主義建設に市場経済を導入するという独創的な戦略であった。本書は、今日では世界共通の原理とされているこの路線にいたるまでに、レーニンが理論的・実践的にいかに格闘したかを克明に明らかにする。

目次

第1章 革命前後の時期―矛盾に満ちた思想と実践(「社会主義への直接の移行」へ;農業と工業では社会主義をめざさない;商業分野だけは「共産主義」的な措置;革命前におけるロシア改造計画)
第2章 戦時共産主義―統制経済を社会主義として(食糧徴発を「共産主義」と位置づける;農業は集団化へ、企業は国有化へ;「共産主義」の挫折、ネップへの転換)
第3章 新経済政策―市場の導入が核心だった(利権政策の導入と大工業復興問題;食糧税への移行と商業の自由;国有企業の変化と計画経済の問題;ネップのその先)
補論 ソ連崩壊は国際政治をどう変化させたか(人権問題をめぐる大きな変化;世界の平和をめぐる変化の意味;大陸ごとに変化の意味を考える)

著者等紹介

松竹伸幸[マツタケノブユキ]
1955年生。日本平和学会会員(専門は日本外交論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。