シリーズ大学生の学びをつくる<br> 大学生になるってどういうこと?―学習・生活・アイデンティティ (第2版)

個数:
電子版価格
¥1,672
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

シリーズ大学生の学びをつくる
大学生になるってどういうこと?―学習・生活・アイデンティティ (第2版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月15日 14時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784272412440
  • NDC分類 377.9
  • Cコード C0037

出版社内容情報

大学で「学ぶ」とは?高校までとは異なる社会的な立場や心構え、具体的に役立つ
学習スキルや有意義な学生生活のための豆知識など、大学1年生のためのアドバイ
スをギュッと詰め込んだ入門書。大学での初年次教育はこれでOK!

内容説明

大学生である“いま”をどう活かす?これまで・これからを考え、価値ある4年間に。

目次

第1部 大学生になっていく自分を意識する(大学生ルーキーとしての現在を見つめるということ;これまでの自分を「振り返る」ということ;未来に思いをめぐらすということ ほか)
第2部 大学生としての「学び」を身につける(あたりまえを「問う」ということ;不特定多数の他者に「伝える」ということ;学びの成果を「適切に表現する」ということ ほか)
第3部 大学とその外の世界へ踏み出す(自分とは違う誰かと「かかわりあう」ということ;家族との向きあい方を考える;大学における課外活動について考える ほか)

著者等紹介

鈴木学[スズキマナブ]
福岡大学教育開発支援機構准教授(教育学、教授学習論)

植上一希[ウエガミカズキ]
福岡大学人文学部教育・臨床心理学科教授(教育学、青年期教育論)

藤野真[フジノマコト]
福岡大学商学部経営学科准教授(経営学、経営管理論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。