希望コミックス<br> 三国志 〈10〉 徐州の謀略戦

個数:

希望コミックス
三国志 〈10〉 徐州の謀略戦

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月17日 00時30分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 212p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784267901102
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

帝をおさえた曹操は、都を許昌へ移した。強大な権力を手にした曹操の気がかりは、徐州の玄徳。ここには流軍の将となった呂布がころがりこんでいる。曹操は二人の仲をさこうと「二虎競食の計」、「駆虎呑狼の計」をしかける。帝の勅命で南陽へ出陣した玄徳は、張飛に留守を任せる。禁酒の誓いを破った張飛は、大失態をしでかす。

目次:
二虎競食の計/駆虎呑狼の計/裏切り/撤退/蛟竜/小覇王孫策

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まるほ

28
帝を擁し絶大な権力を手にした曹操。劉備と呂布の関係を裂くべく「二虎競食・駆虎呑狼の計」を仕掛ける。曹操の策略を疑いつつも勅令に従い、張飛に守備を任せて袁術の南陽に出陣する劉備。張飛の酒癖の悪さから曹豹の裏切りを招き、国を呂布に乗っ取られてしまう。流軍となった劉備は呂布のものに下る。▼孫堅亡き後、袁術の食客に甘んじていた孫策は玉璽と引換えに袁術より兵を借り受け、揚州の劉繇に対して挙兵する。▼江南の二賢張昭・張紘、敵将として太史慈が登場。2021/05/08

ユウユウ

20
なんで張飛を留守番させたかな。せめてお酒を城内からなくすくらいしとかないとダメだろう。。。玉璽ありましたね!2019/10/09

gtn

14
悲劇だが失笑。出兵の際、城を守ると申し出る張飛に、禁酒を厳命する劉備。だが、部下が勧める一杯が二杯となり、やがて甕ごと飲みだす。酩酊状態で文官を足蹴にし、恨みを持たれ、呂布に城を乗っ取られる。一杯で済まないところにシンパシーを感じる。2024/01/14

わたー

13
★★★★☆張飛の酒癖の悪さがまたもや取り返しのつかない事態を招く。あれだけ良くしてもらったのにあっさり裏切る呂布も呂布だが、人一倍呂布を警戒していたはずなのに大きなスキを見せる張飛も張飛だなと。2020/03/26

ノリピー大尉

13
許昌についた曹操は、玄徳と呂布を離間させるため策略「二虎競食の計」を仕掛けてきた。「蛟竜が淵に潜むのは時期を待ち天に登らんがため」(p128) 孫家再建のため、いよいよ孫策も動き出す。 2019/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552959
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。