潮新書<br> なぜ「官僚」は腐敗するのか

個数:

潮新書
なぜ「官僚」は腐敗するのか

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月24日 21時28分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784267021510
  • NDC分類 317
  • Cコード C0230

出版社内容情報

難関を突破した優秀な人材群であるはずの官僚たち。彼らはなぜおかしくなっていくのか。官僚腐敗の構造・裏側・深層に切り込む!難関を突破した優秀な人材群であるはずの官僚たち。彼らはなぜおかしくなっていくのか。官僚腐敗の構造・裏側・深層に切り込む!

第1章 官僚支配の継続
1 「おかみ」意識の根強さ:抜き差しならぬエリート意識
2 明治時代に起きたこと:官僚への責任追及の困難
3 持ちつ持たれつの「腐れ縁」
第2章 井の中の蛙:日本の官僚
1 日本の官僚は「四流」
2 反腐敗制作の決定的遅れ
3 サイバー犯罪対策の決定的遅れ
第3章 官僚腐敗の背景
1 「忖度」の裏側
2 単独者としての個人の重要性
終章 新しい反腐敗制作に向けて
1 「フィデュシャリー」の時代へ
2 官僚支配の崩壊をどう実現するか

塩原俊彦[シオバラトシヒコ]
著・文・その他

内容説明

相次ぐ財務省、文科省などのスキャンダルを斬る。日本の官僚は「四流」、「忖度」の裏側、サイバー犯罪対策の決定的遅れ。1300年つづく支配と汚職の構造とは。

目次

第1章 一三〇〇年つづく官僚支配(持ちつ持たれつの「腐れ縁」;鼻持ちならぬエリート意識 ほか)
第2章 井のなかの蛙 日本の官僚(日本の官僚は「四流」;反腐敗政策の決定的遅れ ほか)
第3章 官僚腐敗の背景(「忖度」の裏側;単独者としての個人の重要性 ほか)
第4章 新しい反腐敗政策に向けて(「フィデュシャリー」の時代;官僚支配をどう打破するか)

著者等紹介

塩原俊彦[シオバラトシヒコ]
1956年生まれ。経済学者。専門は、ロシア経済論。慶應義塾大学経済学部卒業後、一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。日本経済新聞社および朝日新聞社勤務を経て、高知大学人文社会科学部大学院准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スプリント

6
最近の事例をあげて官僚の腐敗を糾弾していますが、不思議なことに天下り問題には触れていない。著者のスタンスの問題ですかね。2019/01/26

Ryosuke Kojika

1
平積みで衝動買いも、なぜ官僚が腐敗するのかはわからない。官僚を広く定義するわりには終始政治家と公務員への批判。腐敗の内容も曖昧で筆者が重要と考える国際的な枠組みへの取り組みが遅いことへの批判をもって腐敗とは説得力に欠ける。腐敗の具体例が乏しく紙面を飾った事例の羅列に終始。外国との比較を謳うも実態を把握してるとは思えない。安倍政権が感情的に嫌いなことはよく分かるが、学者ならもう少し冷静な批判を。解決策に強制投票やフィデュシャリーなる概念を用いるが良い方向に向かうとは到底思えない。自分はこう思うという内容。2018/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13138760
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。