潮漫画文庫<br> 三国志 〈第5巻〉 徐州の謀略戦

個数:

潮漫画文庫
三国志 〈第5巻〉 徐州の謀略戦

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年02月21日 07時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 437p/高さ 11X16cm
  • 商品コード 9784267014451
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

出版社内容情報

突如発生したイナゴの大群によって、曹操と呂布の戦いは、決着がつかぬまま休戦となった。そのころ玄徳は陶謙から徐州を譲られる。
曹操は典韋と互角にに戦う許褚をワナにかけて捕らえ、部下に加える。
許褚は克州城を攻める戦いで手柄を立て、曹操軍は呂布のいる濮陽へ迫った。
呂布は許褚と典韋を子供のようにあしらい、曹操を感嘆させるが、田氏に背かれて城へ入ることができず徐州の玄徳をたよる。
玄徳は呂布を迎え入れるが……。

目次:
イナゴ/逆境の流軍/長安脱出/廃墟洛陽/土性の地/二虎競食の計/駆虎呑狼の計/裏切り/撤退/蛟竜/小覇王孫策
〔付録〕
三国志関連地図
「ミーハー的な、あまりにミーハー的な」 三谷幸喜(脚本家)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どぶねずみ

42
玄徳と呂布の意外な接触か?と思いきや、これも玄徳の人柄の良さから生じた結果。人をどこまで信用するか、考えても考えても正解がわからない。これも玄徳の策略なのか? 表裏のなさそうな人柄に思えるし、こんなボスについている者は幸せだと思う。「一虎競食」に「駆虎呑狼」か。一国を統治するというのは、会社を経営するよりずっとずっと難しいことだな。何でも一生懸命考える。2019/10/15

Lee Dragon

29
暴れん坊の張飛の悪いところが出てしまった。面白いなあ。長い間愛され続けるわけがあるよ。学ぶ事も多い。兵法や寓話なんか自分の身の回りと当てはめても考えさせられる…孫策がついに頭角を現してきた。ますます目が離せない。2018/12/26

黒猫

18
曹操が許褚を配下に加えますます陣容が整ってきた。やはり呂布との戦いは楽しい。呂布vs許褚&典韋でまだ呂布のが強い。呂布の性格は置いといてやはり呂布は圧倒的な武威を放ち、物語になくてはならない存在だ。徐州を巡り劉備の軍門にくだっていたらいきなり裏切り者全開。呂布が好きなのはもちろん武力、しかし欲しいものを全て全力に奪おうとして残張るが、何も取れなかった。裏切りのは悪いが、呂布には呂布なりの誠を貫いているあたりがカッコいい。江東では袁術からかりた兵士で、小覇王孫策が太史慈と一騎打ちする場面に拍手。2019/09/26

0607xxx

14
曹操と呂布が領地を奪い合う最中、劉備は徐州の太守を引き継ぐ事に。駆け引きや裏切りによる情勢の変化は二転三転。しかし、この巻は張飛による酒での大失態が印象深い。この段階でも様々な人物が登場し、人によって好みがあると思うが、酒での失態も含めて張飛が一番親しみやすい。2018/03/18

reeree

12
[http://mediamarker.net/u/reeree/?asin=4267014450] ・「イナゴ」 ・「逆境の流軍」 ・「長安脱出」 ・「廃墟洛陽」 ・「土性の地」 ・「二虎競食の計」 ・「駆虎呑狼の計」 ・「裏切り」 ・「撤退」 ・「蛟竜」 ・「小覇王孫策」 恋愛物かってくらい離れたりくっついたりするのね。 戦いじゃなくて色恋沙汰に置き換えた漫画とかありそうだなあ。 男女に分けるのたいへんそうだから全員男のままでBL物か。 それか女体化して百合物。 そんな作品がきっとあるに違いない。2015/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/492569
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。