潮漫画文庫<br> 三国志 〈第4巻〉 呂布と曹操

個数:

潮漫画文庫
三国志 〈第4巻〉 呂布と曹操

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月04日 17時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 413p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784267014444
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

出版社内容情報

公孫瓚のはからいで、玄徳は平原の相に任ぜられた。
趙雲は玄徳の部下になりたいと願うが、玄徳はまだその時ではないと断る。
そのころ南陽の太守袁術は、恩賞をよこさない兄の袁紹をうらみ、兵糧を貸さない荊州の劉表をうらんで、偽りの書を孫堅に送った。
孫堅はこの計画を利用して荊州に攻め入るが、戦いのさなかに落命する。
長安では、董卓の専横ぶりはますます激しくなり、董卓を滅ぼすために、ひとりの美女が命をかけようとしていた。

目次:
孫堅立つ/荊州攻略/凶兆/王允のたくらみ/亀裂/絶纓の会/董卓暗殺計画/曹嵩の死/休戦勧告/悪来典韋/罠と罠
〔付録〕
三国志関連地図
貂蝉おぼえ書き 雑喉潤(名古屋自由学院短期大学教授、中国文学研究家)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どぶねずみ

42
力任せの呂布、知恵の曹操。戦も力だけでは太刀打ちできないはずだが、ただ単純なキャラの呂布は、力だけで勢力を得たようだ。この先玄徳がどのように曹操と関わってくるのか気になるところ。1ヶ月間空けて読むと、登場人物がわからなくなる。気をつけて続きを読もう。2019/10/10

黒猫

20
孫堅の描き方が私情に駆られた猪武者の挙げ句に、自ら身を滅ぼすような感じですが、今後は孫策、孫権へと時代が変わる。それはもう少し後のこととして楽しみにしておこう。さて、長安は董卓ですが、相変わらずの傍若無人さである。そこに王允の謀った連環の計により、ついに董卓は呂布に討たれる。その呂布も長安を取れずに流浪の身となる。曹操は着々と勢力を築き上げ、公孫瓉の食客に甘んじている劉備との差は広がるばかり。エン州を巡り曹操と呂布がついに激突。相変わらず呂布は強い。そして悪来典韋の登場。横山先生の典韋カッコいいなあ。2019/09/18

0607xxx

14
復讐に燃え、快進撃を続けると思われた孫堅の突然死から始まり、貂蝉の命がけの作戦。そして、呂布と曹操の戦いと息をつかせぬ展開は、少しずつ読もうと思っていてもページを捲る手が止まらなかった。暗雲立ち込める 最終ページ…。5巻も楽しみ!2018/03/12

あつ子🌼

12
董卓、退場。リトル孫権も登場して(笑)、前半の役者は出揃ったか。物語は進んでゆく。 巻末の「貂蟬おぼえ書き」も面白かったー。いろんな傾国がいたのだね。2020/04/20

reeree

11
[http://mediamarker.net/u/reeree/?asin=4267014442] ・「孫堅立つ」 ・「荊州(けいしゅう)攻略」 ・「凶兆」 ・「王允のたくらみ」 ・「亀裂」 ・「絶纓(ぜつえい)の会」 ・「董卓(とうたく)暗殺計画」 ・「曹嵩(そうすう)の死」 ・「休戦勧告」 ・「悪来典韋(あくらいてんい)」 ・「罠と罠」 貂蝉(ちょうせん)大活躍の巻。 知の李儒(りじゅ)と力の呂布を従えた董卓(とうたく)は無敵だったのになあ。2015/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/492567
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。