偕成社文庫<br> 吾輩は猫である〈上〉

個数:

偕成社文庫
吾輩は猫である〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月17日 21時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 371p
  • 商品コード 9784036521203
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

英語教師苦沙弥先生の家に迷いこんだ名もない猫〈我輩〉は,人間たちの奇妙な言動をつぶさに観察する。漱石を世に知らしめた傑作。   小学校高学年から

内容説明

「吾輩は猫である。名前はまだない。…」この書き出しではじまる夏目漱石の処女作は発表されるや大評判となった。一匹の飼い猫の目をとおして人間社会を風刺的に描き現代まで読みつがれている名作。(上・下2巻)小学上級から。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ここぽぽ

18
くわしい語注があり、難しい語も読みやすかった。我輩の風刺の効いた観察眼が、ユーモラス。細君と主人の鼻毛をネタに会話するところや、細君の禿を話題にする二人の距離感が面白い。夏目漱石は引き出しが多くて、博識だと思った。下巻にチャレンジ。2024/06/06

万次郎

3
今までなんだかんだで、結局キチンと読んでなかった。上巻を読んだ段階では、「こんな話だったのか?」というのが感想。文学作品というよりも、普通の町内で小さな事件が起って…という感じの娯楽作品かなぁ。時代のせいか、時間の進みもゆっくりだ。/ある大学教授が「連載当時は大人気で、皆読んでいたから、今の中高生にも是非読んで欲しい」と言っていたが、若者が読んでもつまらんだろうなぁ。ある程度人生経験を積んだ中高年じゃないと楽しめないんじゃないかなぁ。/私は、猫のボヤキには笑わせて頂きました。2012/09/18

ながゐ

2
夏目漱石にはまったきっかけの本!あの友達のキャラが大好きです2010/10/01

てり

1
初読。こんなに長い話だとは思ってなくて手に取った時はびっくりした。上巻では特に奇異な展開は無かったが、このまま下巻までこの調子だとダレちゃうだろうなと心配しつつ、下巻へ。2018/09/30

銀筆

1
★★★★☆2012/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/279153
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。