空間と時間の中の方言―ことばの変化は方言地図にどう現れるか

個数:

空間と時間の中の方言―ことばの変化は方言地図にどう現れるか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月20日 06時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 346p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784254510522
  • NDC分類 818
  • Cコード C3081

出版社内容情報

異なる年代の方言分布の全国調査結果を比較し,言語変化の実態を明らかにする研究成果を紹介。

大西拓一郎[オオニシ タクイチロウ]
国立国語研

目次

第1部 方言分布形成論(言語変化と方言分布―方言分布形成の理論と経年比較に基づく検証;「接触」による方言分布形成;言語的発想法と方言形成―オノマトペへの志向性をもとに)
第2部 方言分布の実時間比較(準体助詞の分布と変化;日本語敬語の多様性とその変化;推量表現形式の分布とその変化―地域共通形式への収斂と脱推量形式化;九州地方の可能表現;中国地方における一段動詞の五段動詞化―活用体系の平準化における停滞・阻害の事例として;大井川流域における言語変化―30年前の調査結果との比較から;大井川流域の言語―経年調査から言葉の広がりをたどる;新潟県北部に残存するガ行入り渡り鼻音の実相と分布―代表2地点の世代別調査による経年比較;蛇の目と波紋―野草や小動物の方言を例に)
第3部 方言分布比較の方法と考え方(方言分布の実時間比較と見かけ時間比較;グロットグラム調査データの実時間比較;現代日本語の共通語化過程―『日本言語地図』「全国中学校言語使用調査」との比較;言語変化と中心性―経年比較に基づく中心性の検証)

著者等紹介

大西拓一郎[オオニシタクイチロウ]
1963年大阪府に生まれる。東北大学大学院文学研究科修了。現在、国立国語研究所・教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。