七不思議神社―森に消えた宝

個数:

七不思議神社―森に消えた宝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月29日 07時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 159p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784251037367
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

小学5年生のリクたち4人組は、怖い話好きの縁で仲よくなった七節町の河童のギィに頼みごとをされた。なんでも、一族が大事に保管していた水神さまの宝玉が、消えてしまったというのだ。みなで力を合わせて森で起きたこの謎に挑むが、はたして七不思議神社の秋祭りまでに、解決は間に合うだろうか…? 全編にちりばめられた怪談話が、ちょっぴり怖くておもしろく、イラストがたっぷりでだれでも読みやすい、高学年向き読み物!

内容説明

小学5年生のリクたちは、仲よくなった七節町の河童に頼みごとをされ、森で起きた謎に挑む。七不思議神社の秋祭りに…解決は間にあうか!?

著者等紹介

緑川聖司[ミドリカワセイジ]
2003年に日本児童文学者協会長編児童文学新人賞佳作を受賞した『晴れた日は図書館へいこう』(小峰書店)でデビュー。アンソロジー作品にも多く参加している。大学の卒業論文のテーマに「学校の怪談」を選んだほどの筋金入りの怪談好き

TAKA[TAKA]
2013年『視えるがうつる!?地霊町ふしぎ探偵団』(角川つばさ文庫)の挿絵にてデビュー。2018年度版NHK語学テキスト「基礎英語3」の挿絵をはじめ、児童書や中学生高校生向け書籍や雑誌、新聞などへのイラストを数多く手がけている。イラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。