朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実―韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784198629908
  • NDC分類 210.68
  • Cコード C0036

内容説明

戦後の偏向報道が嘘のように、「大日本帝国下の朝鮮半島」を生き生きと描写した戦前の朝日新聞報道。「創氏改名」「慰安婦」「土地収奪」「強制連行」などの“日帝”の犯罪的行為は本当にあったのか?膨大な報道史料を読み解くことで、「日韓併合」の実相に迫る。

目次

近代化が進展した「大日本帝国下の朝鮮半島」
「創氏改名」はどう報道されたのか
戦前・戦後で矛盾する「慰安婦」報道
新史料発掘!「朝鮮人業者」強制連行の動かぬ証拠
「強制連行」どころか、密航までして日本を目指した朝鮮人
「言葉を奪った」どころか、ハングルを広め、教えたのは日本
朝鮮女性の人権を守ったのは日本だった
朝鮮人たちは日本軍志願兵募集に殺到した
朝鮮農民の土地、地位、財産を守り育てた“日帝”の功績
やっぱりあった!「竹島は日本領」を示す韓国の古地図
朝鮮文化と文化史を守った総督府
「張作霖爆殺」で始まった奇妙な報道
「写真展」と「自慢話」で埋まった満州事変報道
半島の緑化に努めた日本人の美意識

著者等紹介

水間政憲[ミズママサノリ]
1950年、北海道生まれ。近現代史研究家・ジャーナリスト。慶応大学法学部政治学科中退。近現代史(GHQ占領下の政治・文化)の捏造史観に焦点を絞り、テレビ・新聞報道の反証を一次資料に基づき調査研究を行っている。『正論』(2006年6月号)「スクープ“遺棄化学兵器”は中国に引き渡されていた」(第1弾)を発表。その後、第10弾まで寄稿し、戸井田とおる衆議院議員(当時)などとの連携により、国会で中国や外務省の矛盾点を糾弾し、中国に数兆円の血税を毟り取られることを阻止する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

北本 亜嵐

12
「日韓併合」は韓国にとって本当に不利益な物だったのか?李氏朝鮮時代、街の中は汚く、下水道の整備や教育も満足のいくものではなかったらしい。「併合」後はインフラの整備や各地に学校を作ったりと当地が発展するようなことをしていた。この本では一次資料を用いて、その様子が明らかにされている。「ひと目でわかる日韓併合時代の真実」に比べると難しいが、合わせて読むと興味深い。2014/09/21

inarix

8
1910年から1945年まで、35年に及ぶ日韓併合時代に「創氏改名」「慰安婦」「土地収奪」「強制連行」などの搾取、収奪が行われたという主張。当時朝鮮半島で発行されていた朝日新聞朝鮮版の記事を読み解くことでその実相に迫る。新聞記事の他、在日朝鮮人全員送還を望む「吉田茂=マッカーサー往復書簡」、半島からの「不法入国者問題」についての国会審議議事録全文(昭和30年6月18日)等も掲載されており、これが割と必読の資料。一般市民の目から見た併合当時の半島を回顧する随筆は「私が朝鮮半島でしたこと」がある。これも必読。2015/06/30

たー

7
日韓併合はもちろん国策として行なったことではあるが、決して欧米諸国のような残虐非道なものではない。こういう内容は是非広く知らしめて欲しい。(著者の懸念通り、菅首相が自虐的な談話を出してしまいましたが)。ただ朝日新聞の記事を論拠にするというのはどうなんでしょう?昔はまともな新聞だったんでしょうか?他の資料も引用されているので良いですが。2010/09/17

Tomoaki Okitsu

5
とある事がきっかけで、読んでみました。コメントは控えますね・・・2014/02/18

イチロー

4
韓国・北朝鮮、在日韓国・朝鮮人から一様に「史上最悪の植民地支配」「ユダヤ人虐殺に勝るとも劣らない日帝の卑劣悪行」と罵られ続けてきた日韓併合を、朝日新聞記事からその本質を読み解く、というもの。「新聞」というものが事実をどのように報道するものなのか一歩引いた目で見ても、当時の朝鮮半島の生き生きとした様子が伝わってくる。これは捏造し得ないものであろう。「創氏改名」や「慰安婦」「土地収奪」などがいかに捏造されたものかがよく理解でき、また当時の国会の委員会議事録も掲載されているので、この本自体がひとつの裏取り資料と2012/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/623548

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。