新学力!習得・活用・探究を支える算数の授業づくり―感動詞、探る活動、書く活動を「鍵」にして

個数:
  • ポイントキャンペーン

新学力!習得・活用・探究を支える算数の授業づくり―感動詞、探る活動、書く活動を「鍵」にして

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 21時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 180p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784185430173
  • NDC分類 375.412

内容説明

日本の子どもたちの学力低下、学力の二極分解現象が起きていると言われるなか、算数で育てたい本質的な力を身に付けさせたいという願う著者が、授業中に発せられる、発見・否定・納得・同意・疑問等の「感動詞」に耳を傾け、「探る」活動を授業に取り入れることで、子どもが「楽しい!」と感じる算数の授業を実現した。「算数授業の楽しさ」とは何かを明らかにしつつ、子どもたちが常に教材や友達と関わり合いながら学んでいく算数の授業構成についても、具体的実践を持って提案されている。

目次

1 算数授業の楽しさとは
2 子どもが算数授業の面白さを味わう瞬間
3 算数授業の感動詞
4 子どもの感動詞を意識した授業構成
5 「算数の授業が好き」という子どもが育つ授業の条件
6 「探る」活動で「算数好きの子ども」にしよう!
7 「探る」活動を活かした授業の実際

著者紹介

山本良和[ヤマモトヨシカズ]
筑波大学附属小学校教諭。1963年高知県生まれ。鳴門教育大学大学院修了。全国算数授業研究会理事。基幹学力研究会理事。全国算数授業ICT研究会副代表。日本数学教育学会研究部小学校部会幹事。学校図書教科書執筆・編集委員。『算数授業研究』(東洋館出版)執筆・編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)