富士見L文庫<br> 花街の用心棒―花は凛と後宮を守り

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

富士見L文庫
花街の用心棒―花は凛と後宮を守り

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月24日 22時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040735757
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 雪花(せつか)は養父の借金完済を目標に、花街で腕利きの女用心棒として働いていた。しかし、雪花に興味をもった美貌の若き大貴族・紅志輝(こう しき)によって日常は激変する。
 彼は借金を勝手に清算し、代わりとして後宮である仕事をしろと命じたのだ。それは最上級の身分である貴妃の護衛。貴妃は暗殺者に狙われているというが……。
 自分のような民をとりたてる志輝を怪しみながらも守銭奴っぷりを発揮して契約した雪花。
 だが、この後宮での護衛と暗殺騒ぎが、雪花が捨て去った宮廷にまつわる過去にまで繋がり――? 

内容説明

雪花は養父の借金完済を目標に、花街で腕利きの女用心棒として働いていた。しかし、雪花に興味をもった美貌の若き大貴族・紅志輝によって日常は激変する。彼は借金を勝手に清算し、代わりとして後宮である仕事をしろと命じたのだ。それは最上級の身分である貴妃の護衛。貴妃は暗殺者に狙われているというが…。自分のような民をとりたてる志輝を怪しみながらも守銭奴っぷりを発揮して契約した雪花。だが、この後宮での護衛と暗殺騒ぎが、雪花が捨て去った宮廷にまつわる過去にまで繋がり―?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

68
おおお、また好みな中華後宮風物語に出会ってしまった…!ヒロイン雪花とヒーロー志輝の関係性がめっちゃツボ♡1ページ目で結論書いちゃってるけど、え、ここからどうそうなるの?と雪花がいつ陥ちるのかデレるのか(笑)を今後ニヤニヤしながら眺められると思うとそれもまた楽しい。雪花が全然そういうキャラじゃないのにきちんと糖分あるのも良き!花街が舞台なので明るくソッチ用語が出てくるのも楽しいです。笑 続刊前提。雪花の過去、志輝の過去、黒幕、養父との出会いなどまだ明らかになってないこと多々。2021/01/05

よっち

40
養父の借金のカタに花街に売られてしまい、完済を目標に腕利きの女用心棒として働く玄雪花。彼女に興味をもった美貌の若き皇帝の側近・紅志輝と出会い、運命が激変してゆく中華風ファンタジー。借金を勝手に清算する代わりとして、後宮で暗殺者に狙われる貴妃の護衛を依頼する志輝。養父との放浪や花街での生活で醒めている雪花と、そんな彼女に興味を持つようになってゆく志輝とのやりとりには苦笑いでしたけど、養父や雪花の過去はどうもワケありそうで、自身もまた秘密を抱える志輝との関係がどうなってゆくのか、今後が楽しみな新シリーズです。2020/05/14

坂城 弥生

35
雪花自身にも周りの人にも秘密がありそうで続きが楽しみ。2023/02/10

チロ子

35
義父の借金のせいで花街で女用心棒として働く雪花。腕は確かで偶然出会ってしまった美男子大貴族の紅志輝に勝手に借金を肩代わりされ、後宮で貴妃の用心棒にされる。最近何者かに狙われると言う貴妃・・・。 かっこよく働く女性ヒロインが好きなのでとてもいい!雪花に興味を持ってきた紅志輝と鈍感勘違い雪花の掛け合いが面白くて笑える!次に繋がる伏線がたくさん有り次が早く読みたいです。楽しみなシリーズが増えて嬉しいです!2020/06/26

あっちゃん

28
ナルホド設定似てるわ(笑)まぁ、そこはあんまり気にしないで読み進めるけど、思わせぶりな過去話が気になるなぁ( ̄▽ ̄)2023/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15673152
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。