親と教師で取り組む障害児教育<br> 就労自立を果たす指導法〈1 日常生活動作編〉

親と教師で取り組む障害児教育
就労自立を果たす指導法〈1 日常生活動作編〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 118p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784181166052
  • NDC分類 378
  • Cコード C3337

目次

1章 自立に向けて何をなすべきか
2章 自立できている子どもとは
3章 指導上何を大切にすべきか
4章 日常生活動作の指導の基本
5章 日常生活動作の指導の実際

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

epitaph3

0
特別支援教育専門の教師は必読。「どんな重度な子どもでも、どんな障害の子どもでも、人間として生まれてきた以上は人並みの生活が送れる、実社会で働きくことができるようにする」という目標を決して放棄してはならない(p7)という厳しい言葉から始まり、自立に向けて、「基本的生活習慣の自立を最優先すること」を強く言っている。 2008/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/176590

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。