文春文庫<br> 西一番街ブラックバイト―池袋ウエストゲートパーク〈12〉

個数:
電子版価格 ¥700
  • 電書あり

文春文庫
西一番街ブラックバイト―池袋ウエストゲートパーク〈12〉

  • ウェブストアに68冊在庫がございます。(2019年05月23日 19時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167911317
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

池袋の雑居ビルで若者が飛びおり自殺を図る。彼は急成長したチェーン店の従業員だった。無能の烙印を押され、退職を強要された末にヤケになった若者。そして、次の犠牲者が―。耳触りのいい言葉で若者を洗脳し、つかい潰すブラック企業の闇に、マコトとタカシが斬りこむ!表題作ほか3篇を収録のIWGPシリーズ第12作。

著者等紹介

石田衣良[イシダイラ]
1960年、東京生まれ。成蹊大学経済学部卒業。広告制作会社を経てフリーランスのコピーライターに。97年、「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。生き生きとした語り口と現在を映し出すエッジの鋭さが高い評価を受けた。受賞作に3篇を加えた『池袋ウエストゲートパーク』(文春文庫)でデビュー。2003年、『4TEEN』(新潮文庫)で直木賞を受賞。06年、『眠れぬ真珠』(新潮文庫)で島清恋愛文学賞、13年、『北斗 ある殺人者の回心』(集英社文庫)で中央公論文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

勤め先の店で無能扱いされた若者が自殺を図る。マコトはブラック企業の悪辣さを暴けるのか!? IWGPシリーズ第十二作。400万部突破! 大人気シリーズ12弾



池袋の雑居ビルで若者が飛びおり自殺を図る。

彼は、急成長した飲食チェーン店の従業員だった。

無能の烙印を押され、退職を強要された末にヤケになった若者。

そして、次の犠牲者が――。

耳障りのいい言葉で若者を洗脳し、つかい潰す“カリスマ経営者”。

ブラック企業の闇に、マコトとタカシが斬りこむ!

(表題作「西一番街ブラックバイト)。



ほかに、

アーティストのゆがんだ復習を描く

「西池第二スクールギャラリー」、



歯止めのきかないPV稼ぎの結末は……

「ユーチューバー@芸術劇場」



理想の顔に翻弄される女たちの悲劇

「立教通り整形シンジケート」

の3篇を収録。

石田 衣良[イシダ イラ]
著・文・その他