文春文庫<br> 望郷

個数:
電子版価格 ¥600
  • 電書あり

文春文庫
望郷

  • ウェブストアに30冊在庫がございます。(2022年01月25日 22時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 293p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167905231
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

島に生まれ育った私たちが抱える故郷への愛と憎しみ…屈折した心が生む六つの事件。推協賞短編部門受賞作「海の星」ほか傑作全六編。

日本推理作家協会賞受賞! 心に刺さる連作短編集

島に生まれ育った私たちが抱える故郷への愛と憎しみ…屈折した心が生む六つの事件。推協賞短編部門受賞作「海の星」ほか傑作全六編。

内容説明

暗い海に青く輝いた星のような光。母と二人で暮らす幼い私の前に現れて世話を焼いてくれた“おっさん”が海に出現させた不思議な光。そして今、私は彼の心の中にあった秘密を知る…日本推理作家協会賞受賞作「海の星」他、島に生まれた人たちの島への愛と憎しみが生む謎を、名手が万感の思いを込めて描く。

著者等紹介

湊かなえ[ミナトカナエ]
広島県生まれ。2007年「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞。08年、同作を収録したデビュー作『告白』が刊行され、同年の「週刊文春ミステリーベスト10」国内部門第1位に選出、09年第6回本屋大賞を受賞。12年、「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

340
「Nのために」があまり合わず敬遠していた湊かなえさん。良い作品に逢えた。白綱島を舞台として起こる様々な人間模様。家族内の妬みや葛藤、散りばめられた伏線。そのラストの回収に背筋が震える。米澤穂信さんの「満願」にも似た味わい。特に「みかんの花」、「海の星」、「夢の国」が好み。淡々と語られる過去や想いに、急な突風のように顕になる隠された真実。他者の想いは言葉にしないと分からないし、言葉にすることに失敗することもある。だからこそ、その行動の真意に驚愕する。程度の差はあれど、我々の日常にも潜む物語。満足の読書時間。2018/02/18

三代目 びあだいまおう

317
著者を育んだ故郷、因島(作中は白綱島)を舞台にした短編集。孤立した島が本土と橋で結ばれた。島を思い、本土への憧れを胸に秘め、成長する各話の主人公。繋がってる訳ではないがたった50頁程度の短編に其々の故郷への思いが紡がれる。ジャンルはミステリーのようだが謎が前面に出てこない。各話最後に予測不能なミステリーエッセンスが顔を出す!なるほど巧緻。思うに各話、全てを描き切っていない。余韻の行方を読み手に委ねるかのように放り出す。この心地よさ。『私にとって大切な作品です』著者が問う、故郷に思いを馳せた我が血潮‼️🙇2020/03/27

さてさて

295
〈みかんの花〉を含め六つの短編から構成されたこの作品。白綱島を舞台にちょっとミステリーな物語がそれぞれ展開します。いずれも過去と現在の二つの時に光を当て、その対比、その繋がりが巧みに描かれていきます。舞台となる白綱島の風景がそれぞれの章で少しづつ丁寧に描かれていることもあって、読み終わる頃にはこの島の過去と現在の情景がそれぞれが浮かび上がってきました。人の心の闇を描きつつ、それでいてみんなどこか前向きな姿勢が共通したさわやかなミステリー、こんな湊さんもいいなあ!そんな印象も持った読み応えのある作品でした。2021/03/12

ウッディ

210
架空の島を舞台にした短編集。故郷という言葉を聞くと、懐かしく、昔と変わらないイメージを抱くけど、湊さんに書かせると、閉鎖的でしがらみのある場所になってしまうんですね。心地よくはないけど、読みごたえはありました。2017/03/20

エドワード

201
二度と帰るものか、と思うほど、懐かしいのが故郷だ。穏やかな海の風景が美しい瀬戸内海の白綱島。娯楽は少なく、狭い世間が息苦しい。過疎化が進み、本土の市に吸収合併される白綱島市。島から出ていき東京で作家になった姉が市の閉幕式に現れた。妹の思いは…。封建的な祖母に抑圧された少女時代に夢にまで見た東京のテーマパークを訪れた女性。都会と地方の落差に翻弄される人々、平成日本の各地で見られる愛憎劇が集約されている。一方、いじめは都会も地方も全く変わらない。都会で登校拒否になった少女の心が島で癒されることを切に願う。2016/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10071249

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。