文春文庫<br> セカンド・ラブ

個数:
電子版価格
¥550
  • 電書あり

文春文庫
セカンド・ラブ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月19日 04時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167732059
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

1983年元旦、僕は春香と出会う。僕たちは幸せだった。春香とそっくりな女・美奈子が現れるまでは。衝撃の恋愛ミステリー再び。

内容説明

1983年元旦、僕は、会社の先輩から誘われたスキー旅行で、春香と出会った。やがて付き合い始めた僕たちはとても幸せだった。春香とそっくりな女、美奈子が現れるまでは…。清楚な春香と大胆な美奈子、対照的な二人の間で揺れる心。『イニシエーション・ラブ』に続く二度読み必至、驚愕の「恋愛ミステリー」。

著者等紹介

乾くるみ[イヌイクルミ]
1963年、静岡県生まれ。静岡大学理学部数学科卒業。98年、『Jの神話』で第4回メフィスト賞を受賞し作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

228
『実際、正明は《シェリール》に行かなければ良かったのだ』という運命の分岐点の先に展開する衝撃的な物語。そこには”美奈子の正体は春香じゃないのか?”と同じ顔を持つ二人の女性が全く異なる雰囲気を纏う中に、二人に隠された真実を知ろうとする主人公・正明の悩める様が描かれていました。「イニシエーション・ラブ」と同じような衝撃的な物語構成は、こういう作品もあっていいのかもしれない、でも、最悪の読後感が待つイヤミスの極みのこんな結末はごめん被りたい!二度と読みたくない!手元にも置いておきたくない!そう感じた作品でした。2022/01/19

hiro

228
『イニシエーション・ラブ』に続く、恋愛をテーマにした乾さんの叙述ミステリー。『イニシエーション・ラブ』の二番煎じは通じないぞと思いながら読み始めた。序章から伏線が張られているのは感じたが、くやしいけれど、終章の種明かしを読んだ後、もう一度序章を読み直した。なるほど『セカンド・ラブ』だ。やはり女性はこわいw また、おじさんには、俺も苗場にいった、携帯電話のないころの連絡の取り方ってこうだったと、懐かしく読むことができた。『イニシエーション・ラブ』の映像化は難しいと思うが、この作品は映像化向きだと思う。2012/09/13

夢追人009

227
永遠の名作「イニシエーション・ラブ」でお馴染みの乾くるみさんの十八番の傑作恋愛ミステリーですね。本編も著者お得意の驚愕のどんでん返しが味わえる叙述ミステリーの巧緻な傑作で終章の最終行を読み終えたら序章で描かれていた風景がガラガラと音を立てて崩れ去り描写の意味が一変しますよ。本書の題名はあの80年代のトップアイドル中森明菜さんのヒット曲から取られていますが彼女の陰りのある人生が思い浮かびましたね。春香と美奈子の双子姉妹に翻弄される正明に果たして幸せは訪れるのか?誠に著者の描く悪女は天下一品だと感服しますね。2020/02/16

takaC

226
嫉妬事件の前年の話。半井美奈子の新宿四丁目の部屋の後継住人が慶応に受かったばかりの天童太郎ですね。2012/12/19

た〜

189
なるほど、なかなかの衝撃。しかしなんだか救いがないなー2013/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4918116
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。