文春文庫<br> 最後の息子

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

文春文庫
最後の息子

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月03日 19時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167665012
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

新宿でオカマの「閻魔」ちゃんと同棲して、時々はガールフレンドとも会いながら、気楽なモラトリアムの日々を過ごす「ぼく」のビデオ日記に残された映像とは…。第84回文学界新人賞を受賞した表題作の他に、長崎の高校水泳部員たちを爽やかに描いた「Water」、「破片」も収録。爽快感200%、とってもキュートな青春小説。

著者等紹介

吉田修一[ヨシダシュウイチ]
1968年生まれ。高校まで長崎で過ごし上京。法政大学経営学部卒業。97年「最後の息子」で第84回文学界新人賞を受賞。同作が第117回芥川賞候補作となる。その後も「破片」「グリンピース」「Water」「突風」等の作品を次々と発表。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞。他の著書には『熱帯魚』がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

188
久しぶりの吉田さん。短編3作。吉田さんの紡ぐ世界はいつもちょっとしんどいので要注意だったのに・・どれも息子の話だが、好みはタイトル作。そうか、そういう意味の『最後の息子』だったのか。もやもや、イライラしながらラスト閻魔ちゃんの置手紙にスカッとした。私からも一言「いつまでも腹を減らしていたらいいさ!」2018/03/30

おしゃべりメガネ

167
11年ぶりに再読。サラッとしたのを読みたくて何気に本棚を見ていたら目についた作品です。文学界新人賞受賞の表題作ももちろん良かったですが、改めて読み返して、他におさめられている短編2編がとても素晴らしかったコトに気づかせてもらえました。特に「water」は青春キラッキラな作品で、高校生水泳部の話ですが、まっすぐな彼らにココロが洗われるようでした。それでもやっぱり3編とも吉田修一さんらしく、どこかちょっとダークな感じがサラッと書かれていて、読み進めていてギュッと胸が少し苦しくなる感じも決して悪くはないかなと。2020/08/29

酔拳

143
再読です。新聞の文芸コーナーで、吉田さんの作家原点として紹介されていました。記事にこの最後の息子を書いた当時の事を書かれてましたが、6畳アパートで電気ガス代の支払いも滞納しがちだったそうです。友達のところを泊まり歩いていた事もあったそうです。「最後の息子」は、ダンボールで作成した、食卓兼仕事机で、書いたそうです。そのような背景を知って読んだので、以前読んだ時よりも、引き込まれました。「最後の息子」は、オカマのひもとなっているやつが主人公だが、これは、吉田さんの当時の自分を投影したのかなとも、想像しました。2018/07/13

hit4papa

129
タイトル作の他、『破片』、『Water』が収録された短編集です。三篇とも趣きが随分と違いますが、共通するのは、現実に目を背けている人が登場することでしょうか。何気ない日常の風景に、ネガティブなものを投じると、忘れがたい物語に変じるから不思議です。特に、家族の中にネガティブさを持ち込まれると、居心地の悪さゆえに、かえって引き込まれてしまいます。著者のデビュー作『最後の息子』はオカマと同棲しているモラトリアム男を描いているのですが、『春、バーニーズ』で後日譚を読むことができます。こちらは映画にもなりました。2016/09/11

yoshida

117
吉田修一さんのデビュー作。かなり前に読了しているので再読。短編3篇。表題作はオカマバーの店長と同棲している青年の日常。青年は別れた彼女とも会ったりする。両性と付き合えることは不思議でもある。吉田修一さんの作品では同性が好きな人物が、ちょくちょく登場する。デビュー時からその傾向がある。「破片」は酒屋を継いだ青年の日常。思い詰めてしまう青年の行動が不穏さを出す。この不穏さが吉田修一さんの作品の特徴でもある。「water」は水泳部の高校生の話し。爽やかなの青春モノと思いきや、同級生男子の行動が不穏。楽しく読了。2022/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579302
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。