文春文庫<br> ダナエ

電子版価格 ¥529
  • 電書あり

文春文庫
ダナエ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 238p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167614058
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

世界的な評価を得た画家・宇佐美の個展で、財界の大物である義父を描いた肖像画が、切り裂かれ硫酸をかけられるという事件が起きた。犯人はどうやら少女で、「これは予行演習だ」と告げる。宇佐美の妻は、娘を前夫のもとに残していた。彼女が犯人なのか―。著者の代表作といえる傑作中篇など全3篇収録。

著者等紹介

藤原伊織[フジワライオリ]
昭和23(1948)年、大阪府生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。大手広告代理店に勤務の傍ら、執筆活動を始める。昭和60年に「ダックスフントのワープ」ですばる文学賞を受賞。平成7年、『テロリストのパラソル』で江戸川乱歩賞、翌年には同作品で直木賞受賞。平成19年5月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

207
あああ、イオリン、カッコええなぁ。なんつーかこう、昭和のオトコなんよね。酒、仕事、芸術、そしてそんな中に見え隠れする女性の存在。つくづく、頭のいい(仕事のデキる)オトコはかっこいい。イオリンの未読作品、あといくつあるんだろ・・・って思いながら読了。2016/03/31

yoshida

148
藤原伊織さんは初読みの作家さんです。本作は晩年の作品とのこと。淡々とした語り口と静謐な文章。哀しみと諦感が滲み出てくるようです。個人的にはもう少し躍動感のある作品が好みでした。この作品で藤原伊織さんを卒業せずに、もう一冊読んでみたいと思います。書かれた時期により印象も変わることでしょう。2018/01/28

おしゃべりメガネ

145
すっかり'イオリン'モードの勢いがおさまらず、ボリュームは少ないながらもガッチリとした'オトコ'くさいハードボイルド短篇集を堪能させてもらいました。やっぱり藤原さんのえがく'オッサン'は本当に魅力的で、とにかくシブさが際立ってます。頑固といえば頑固なのですが、かといって融通がきかないワケでもなく、生きざまもブレない。そんな'オッサン'達が生き生きとリアルに描写されています。特に男前なルックスではないのかもしれませんが、どの人物も描写されている雰囲気がとてもセクシーで、こんな'オッサン'達に憧れますね。2017/12/24

KAZOO

119
藤原さんの再読もあと数冊を残すだけになりました。この本には短編が3つ収められていますが、私は表題作が印象に残りました。萩原朔太郎の詩やレンブラントの絵、あるいは昔はよくあった貧乏画家の時代など、映画を見ているような気がしました。私はこの作品を読むと最後に涙が出てきてしまうのです。いい作品です。2018/01/15

chimako

94
上品な大人の「ミステリー」……なのでしょうか?謎解きはあるけれどその色合いは決して濃く感じない。肝の座った男たちを描いた短編集。「ダナエ」は既読。結末は分かっているのに読ませる筆力。「実は父娘だった」とか、「知らなかったために関係を持ってしまった」とか使い古された手法が、古さ故に雰囲気を作っている様に感じる。次はハードボイルド 読んでみようかな。2017/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/565398

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。