文春文庫<br> とり残されて

個数:

文春文庫
とり残されて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月19日 20時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 357p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167549022
  • Cコード C0193

出版社内容情報

婚約者を交通事故で喪った教員の「私」は子供の幻を見る。そして中年教師の死体が学校プールに……。とっておきの短篇ミステリー集!

内容説明

勤め先の小学校で、ヒロインは「あそぼ」とささやく子供の幻に出会う。そんな折、校内プールに女性の死体が…。その謎にせまる表題作ほか、夢の「場所」捜しから始まる内面の旅を描いて名作の聞こえ高い「たった一人」など六篇を収録。巧みな伏線、鮮やかな舞台設定。清新にして熟達の筆致をおたのしみください。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

233
短編7話。とり残されて、おたすけぶち、私の死んだ後に、居合わせた男、囁く、いつも二人で、たった一人。解説北上次郎。恐怖小説に分類できるけど、やや幸せそうな終わり方もある。江戸物や下町物ではないが、どこか心温まるものもある。ある不安を抱えて生きていく現代人を描写しているのかもしれない。いつも二人での続編がよみたい。男性は自信を持って生きていけるような気がするが、取り憑いたもう一方がどうなるのか想像ができない。宮部みゆきの回答に期待する。解説:北上次郎2013/05/28

夢追人009

198
「真夏の夜の夢」みたいに魅惑的で読後に後を引く幻想系作品集。『とり残されて』気持ちは解るけどその道は避けないと君も刑事の二の舞になるからね。『おたすけぶち』小花井村には行っちゃいけないよ!『私の死んだ後に』孤独な投手と「あの世」への案内人の女の一夜限りの物語。『居合わせた男』気の迷いではなく幽霊は実在するのだと確信します。『囁く』妄想が暴走する。不吉に韻を踏んでいますね。『いつも二人で』ラブコメだけど恐ろしやヒロインは幽霊。『たった一人』ヒロインの強い願いが時空の歪みを突き抜けて何時か叶うと信じたいです。2018/07/27

HIRO1970

162
⭐️⭐️⭐️図書館本。宮部さんの短編集でした。不可思議な現象や超常現象が必ず絡む殺人が起きますが、作者のうまさなのか、どういうわけか余り暗くはならずに切り口の全く違う小気味良い程の秀作の短編が次々と出てきます。このハズレのなさは歩留り良すぎです。次も楽しみです。2015/02/14

yoshida

149
宮部みゆきさんの作品でも異色かもしれない。不可思議なものを不可思議のまま物語にする。現実としてのトリックがある訳ではなく。不可思議なまま完結する。短編7編。個人的には「私の死んだ後に」が最も心に残った。突然に投げられなくなったプロ野球投手。彼が投げられなくなった少年時代の記憶。そこにもう一味加えてあるのが、この作品集の特徴だと思う。いつか再会があることを期待せずにはいられないラストが秀逸である。様々な宮部みゆきさんの作品を読んできたが、異色の作品集。それでも筆力で読ませる。安定した満足感が得られる作品集。2019/11/02

とん大西

146
宮部さんの描く恐怖。手数が多いわけではない。だが、踏み込んでしまえば確実に戦慄を感じるであろうその凄み。濃縮された不気味が匂いたつ筆致は名人の成せるワザか。「私の死んだ後に」や「いつも二人で」は意外にもハートフルな展開でなかなか佳き後味。結末のその後に不穏を感じずにはいられない表題作「とり残されて」はやはり怖い。「囁く」は地味目でもゾッとする。静かな物語がいきなり転調する狂気は世にも奇妙な物語を彷彿させてくれます。ところで本作で今年の100冊読了となりました。年間200いけるかも(無理はしませんが)。2021/05/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578409
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。