文春文庫<br> 水の文化史―四つの川の物語

  • ポイントキャンペーン

文春文庫
水の文化史―四つの川の物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 299p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784167525019
  • NDC分類 517.21
  • Cコード C0195

内容説明

昔から様々な物語がウォーターフロントで繰り広げられてきた。本書は淀川、利根川、木曽川、筑後川を中心に、全国の河川の歴史と文化を解き明かす。都市づくり、町づくりが21世紀への環境問題の優先課題として論じられる今日、本書は水という最も基本的な問題を、自然と歴史と文化から見直した世評高い名著である。

目次

淀川篇―琵琶湖・この大いなる湖(「弥生」の川;日本海文化;日本海側の山と川;琵琶湖総合開発の行方)
利根川篇―日本の水問題(治水の川;水不足と水害;柔構造と硬構造;都市化の中の農業用水)
木曽川篇―自然保護と林業(木材の川・苛酷な川;かけがえのない資源・土壌;山の文化;海岸林と砂丘)
筑後川篇―水を作りだした歴史(ゼロからの出発;美林の生いたち;筑後川四堰とクリーク;下水を大地に返す)

出版社内容情報

日本文化と河川は切っても切れない関係にあり、様々な物語が繰り拡げられた。淀川、利根川、木曾川、筑後川の歴史文化を解明する