文春文庫<br> 巨人伝〈下〉

電子版価格 ¥479
  • 電書あり

文春文庫
巨人伝〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 366p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784167314262
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

渡米、ロンドンでの学究生活の後郷里和歌山で研究に没頭し、国内よりは海外で高い評価を得た南方熊楠の全体像を活写した大河評伝

内容説明

奇行のゆえか国内よりは海外での評価が高く、イギリスの「Nature」誌などにさかんに寄稿した。研究分野も多方面に及び、民俗学、民族学、菌類、粘菌類、藻類などに及んだ。神社合祀に反対し、国と対立したが、昭和四年、和歌山への天皇行幸の折、ご進講をつとめ、学者としての生涯に輝かしい履歴を加えた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

i-miya

9
多岐祐介解説。杉村楚人冠(そじんかん)。闘鶏神社へ赴く熊楠。M39.08 結婚、熊弥(くまや)出産。上松蓊。M41.06 田辺くりす川上流、くまの川。M41.11川湯みのお谷、玉置山、ハギ、湯のみね、異形のものが天より降ってきた、人夫の文吉、文やん、沼を愛する王、スイス2006/07/17

i-miya

2
多岐祐介解説。杉村楚人冠(そじんかん)。闘鶏神社へ赴く熊楠。M39.08 結婚、熊弥(くまや)出産。上松蓊。M41.06 田辺くりす川上流、くまの川。M41.11川湯みのお谷、玉置山、ハギ、湯のみね、異形のものが天より降ってきた、人夫の文吉、文やん、沼を愛する王、スイス

Hiroshi Takeshita

1
題名に形容詞をつけるとしたら、哀しき巨人伝なのかも知れない。泣いた赤鬼的な。凄い能力を持ちながら、それが我が身を不幸にするという事なのかも知れない。ここでは、悪者の様に描かれる弟が実に対照的である。今に残る酒造メーカーの人達は、いい気がしないかも知れないが、弟にだって正当な言い分があるだろう。幸せだったのは、どちらだったのか?という事は不毛な問いだし、ましてや息子の病気の原因が二人の確執にあるという事はさらに不毛な問いだが、その事を排除したとしても、人間の幸せというやつはどうなんだろう、と考えてしまう。2018/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572919

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。