文春文庫<br> 柳生兵庫助〈6〉

文春文庫
柳生兵庫助〈6〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784167314224
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

伊賀山峡に潜む忍者探索を助勢した後、大筒輸送に当る叔父宗矩を警護して兵庫助は平戸に赴いた。帰途、宮本武蔵と運命の出遭いが

内容説明

叔父柳生宗矩の頼みで、兵介は大筒八挺を、肥前・平戸から京都へ輸送する任についた。途中、賊の襲撃をうけ、いったんは大筒を奪われたものの取り返し、無事任務を終えた。兵介は尾張徳川家の剣術指南役につき、名古屋に居をかまえる。父厳勝の死という悲事もあったが、千世との間に子も生まれ、兵介は充実した日々を送る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたなべよしお

8
兵庫助は尾張で兵法指南となります。剣はますます冴え渡り。2019/04/08

AICHAN

4
古流武術の多くは「気」や「観」などを身に付けるのを当たり前にしていたと思う。だから、今に残る「合気柔術」のような武術はどこにでもあったのではないか。しかし戦乱の世が静まり平和に暮らせるようになり、人々は山ごもりや修験者の修行などに目を向けなくなり、人間に本来備わっている「気」などの多くの「力」の存在を忘れてしまったのだと思う。その時期に登場したのが兵庫助で、彼は剣術を合理的に考えることに没頭したのではないかと思う。となると、兵庫助はいよいよもって現代剣道の創始者にふさわしい。2011/04/09

えびえび

0
宗矩くんのおつかいに付き合わされる利厳。武蔵が居ないとただの忍者モノですな。ようやく尾張柳生のお話に入ります。三之丞もでてきますよ~2013/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/504700

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。