文春新書<br> 佐藤優の集中講義 民族問題

個数:
電子版価格
¥896
  • 電書あり

文春新書
佐藤優の集中講義 民族問題

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月24日 13時03分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166611423
  • NDC分類 316.8
  • Cコード C0295

出版社内容情報

頻発するテロ、絶えざる国家間対立。人を衝き動かす民族、宗教、資本をダイナミックに論じ、ナショナリズムの正体を解き明かす。

内容説明

今も世界のあちこちで民族問題の炎が噴出し続けている!テロの国際的拡散、移民・難民の増大、労働者間の国際競争、トランプ後のアメリカで台頭する白人至上主義、中東からの入国規制―。“民族オンチ”の日本人だからこそ知っておくべき、民族問題の現実と基礎理論がこの一冊に!

目次

第1講 なぜ日本人は民族問題がわからないのか
第2講 民族問題の専門家スターリン
第3講 「民族」は作られるか―アンダーソン『想像の共同体』批判
第4講 ゲルナー『民族とナショナリズム』の核心
第5講 民族理論でウクライナ問題を読み解く
第6講 民族理論で沖縄問題を読み解く―アントニー・スミス「エトニー」概念から考える

著者等紹介

佐藤優[サトウマサル]
1960年東京都生まれ。作家。同志社大学大学院神学研究科修了。元外務省主任分析官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

岡本

114
民族問題に疎い日本人に向けた入門書といってもいいだろう。沖縄、スコットランド、ウクライナなどの独立問題などを中心にナショナリズムの定義や歴史上の民族問題へのアプローチなど多岐に渡って分かりやすく解説されている。推薦図書も各章に記載されているので民族問題を深堀りしたい人にはお勧めの一冊。2017/11/13

hiro

74
日本人は、宗教問題と民族問題に鈍感だと思う。宗教については池上さんの本を読んだが、佐藤さんの題名もズバリ『民族問題』というこの本が出たことを知って読んでみた。まずは原初主義、道具主義という2つの方法論から始まり、アンダーソン、ゲルナーと続いたところでは少し後悔したが、ウクライナ、スコットランドと沖縄の事例から民族問題を読み解くことで理解することができた。推薦図書の『小説琉球処分』を読んでいたこともよかった。オーウェルの『1984』の舞台をみにいく前日に、偶然この本に『一九八四年』が登場したのには驚いた。2018/05/16

kawa

42
アーネット・ゲルトナー、アントニー・スミスら学者の民族理論を通して、世界各地で起こっている民族問題を解説する。民族問題のスペシャリスト・スターリン、スコットランド・ウクライナ・沖縄等での現実論はなかなか面白い。「直観されたものを共有する共同体。それが「民族」(中略)ナショナリズムは宗教にきわめて近似している」なるほどなのだが、学問的理論と現実がうまく連結して理解できないところが課題、時期を見ての要再読書。2020/06/27

おさむ

34
同志社大での講義録をまとめて修正した新書。比較的わかりやすく、世界の民族紛争の構造を頭に叩き込むにはぴったり。学術的ではあるが、随所に佐藤氏の実体験が反映されており、すっと腑に落ちます。ベネディクトアンダーソンが唱える国家やエリート層が支配の為に民族を作ったとする「道具主義」で考えがちでしたが、それだけでは不十分。産業社会の成立と結びつけるアーネストゲルナーや、アントニースミスのエトニーという概念を加えることでクリアになる。スコットランド、ウクライナ、沖縄。そこに横串をさして理解する大切さを感じます。2018/05/04

さきん

31
民族とは何か。日本人が民族問題に疎いのはなぜか。民族の概念を認識するのに使える言葉、エトニーとはなにか。想像と共同体、ゲルナーの民族とナショナリズム。著者はゲルナーやスミスの見方を重視している。ゲルナーの著書は読んでみたい。2018/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12357868
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。