魂を撮ろう―ユージン・スミスとアイリーンの水俣

個数:
電子版価格 ¥1,900
  • 電書あり

魂を撮ろう―ユージン・スミスとアイリーンの水俣

  • ウェブストアに19冊在庫がございます。(2021年10月26日 15時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 360p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163914190
  • NDC分類 519.12
  • Cコード C0095

出版社内容情報

1971年、ユージン・スミスは妻と水俣へ向かう。最後の一枚を撮る為に。戦う患者の魂を捉えた写真家は近代化の傷と再生を見た。

内容説明

20歳の時、51歳の伝説のフォトジャーナリスト、ユージン・スミスと出会ったアイリーン・美緒子・スプレイグ。二人は、チッソの工場排水が引き起こす未曾有の被害に苦しむ水俣を目指した。世界に衝撃を与えた、人生最後の一枚を撮るために。取材開始から十余年。それぞれの運命を背負った二人が、近代化の傷と再生の瞬間を切り取った濃密な三年間に迫る大河ノンフィクション。

目次

序章 小さな声に導かれて
第1章 アイリーンの生い立ち
第2章 写真家ユージン・スミス
第3章 ニューヨークでの出会い
第4章 不知火の海
第5章 水俣のユージンとアイリーン
第6章 写真は小さな声である
第7章 撮る者と撮られる者
終章 魂のゆくえ

著者等紹介

石井妙子[イシイタエコ]
1969年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。白百合女子大学国文科卒業。同大学院修士課程修了。お茶の水女子大学女性文化研究センター(現・ジェンダー研究所)に教務補佐員として勤務後、囲碁観戦記者を経て、『おそめ 伝説の銀座マダムの数奇にして華麗な半生』を発表、ノンフィクション作家として活動を始める。作品に『原節子の真実』(新潮社 第15回新潮ドキュメント賞受賞)など。『女帝 小池百合子』(文藝春秋)で第52回大宅壮一ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

116
前半はアイリーンとユージン・スミスの生い立ちと戦争体験について中盤は水俣病がどのように起きたか、後半はユージンとアイリーンが日本に来て写真を撮りやがてチッソ訴訟にも関わる。そしてユージンの死、彼の写真についてが書かれる。水俣病にのことをよく知っていると思っていたが本を読んでみると知らないことがたくさんあった。このあたりは別の本で復習したい。アイリーンとユージンの撮った有名な写真、母だ我が子を抱いて入浴するエピソードなどが詳しく書かれていた。大企業と被害者の間で起こった様々な問題も取り上げられている。 2021/10/10

ケンイチミズバ

109
水俣も東北も同じ構図。写真の構図のことではない。柳美里さんの指摘される地方の貧しさが危険なものを呼び込む。病気を工場の責任にすれば経済が萎む。土地の恵みより工場がもたらす金の繁栄、その裏にある汚いものに蓋を。人が死んでも金で黙らせる構造です。高度成長期にシステマティックに利用された田舎の犠牲は黙認、無関心に恩恵を享受する私たち。自分の幸せの裏に誰かの苦難があるかもしれないと思うこともない。そこにいるのに姿を消したかのようなユージンの姿勢に被害者は望んで被写体となる。彼が一つの光をもたらす。日本のピエタ。2021/09/22

アキ

97
水俣病・有機水銀中毒の歴史の複雑さを知った。映画のクライマックス「入浴する智子と母」を1971年12月半ばに撮るまでに、アイリーンの生い立ち、ユージン・スミスの生い立ちと写真家としての軌跡、チッソの歴史と高度成長時代の産業優先の政府の態度が集約されて、シャッターを切る一瞬が生まれたことがわかるように構成されている。ユージンの後世に残るために考え抜かれた1枚は、integrity・正直で公正であるという彼の哲学を映すもの。「写真家として2つの責任がある。一つは被写体に、もう一つは写真を見る人々に対して」と。2021/10/10

nyaoko@やや糖質制限中

63
映画を見損ねてしまって失意の中、図書館で見つけた本。ノンフィクションの本が好きなので色々読んでるのだけど、これはここ数年で私の中では一番の大作。ユージンとアイリーンの過去から、出会うまで、そして水俣病の歴史、2人が出した写真集の衝撃とその後、現在に至るまでが記されている。まるで、その運命が決まっていたかのようなアイリーンの生い立ちと、長年に渡って取材を重ねていた石井さんに深く感動した。しかしユージン、男して父親としては最低…芸術家あるあるかもしれないけれど。写真集、どうにかして手に入れて見たい。2021/10/22

ぐうぐう

40
ユージン・スミスとアイリーンが水俣で過ごした三年間を追うノンフィクション。ただ、二人が水俣に来るのは、全360ページある本書の210ページを過ぎた頃だ。著者の石井妙子はユージンとアイリーンのそれぞれの生い立ちと出会いを丁寧に綴る。しかしそれ以上に、二人が来るまでに水俣で何が起こっていたかを詳細に記すのだ。この歪とも言える分量は、しかし必然でもあると、本書を読んだ人なら確信するはずだ。それほどに水俣で起こったことは、非情であり、非道であり、残酷であった。(つづく)2021/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18467816

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。