• ポイントキャンペーン

みぞれふる空―脊髄小脳変性症と家族の2000日

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163763002
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

「あなたの病気に医療は何もできません」。44歳の妻が告げられた病気は、脊髄小脳変性症。小脳の委縮により歩行困難や言語障害を引き起こし、一般的に5年以内に歩けなくなり、いずれは死に至る。根本的な治療法は見つかっていない。妻の発症当時、47歳の夫(著者)は、不規則な毎日を送る新聞記者、しかも単身赴任中だった。自宅に戻り、仕事と両立させながら、介護と慣れない家事に取り組む日々が始まった。働き盛りの夫が、介護と思春期の二人の娘に向き合った魂の記録。

目次

はじめに 死ぬまで自分のスタイルは変えない―妻の直筆メッセージ
第1章 異変
第2章 私は石になる
第3章 急変
第4章 月よりの使者
第5章 再生

著者等紹介

米本浩二[ヨネモトコウジ]
1961年徳島県三好町(現・東みよし町)生まれ。県立池田高校卒業後、徳島県庁正職員を経て、1987年、早稲田大学教育学部卒業。在学中は「早稲田文学」学生スタッフとして編集に参加。同年、毎日新聞入社。熊本支局八代通信部、筑豊支局、東京本社学芸部副部長などを経て、現在西部本社福岡本部学芸部記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

働き盛りの新聞記者が、妻の難病と思春期の2人の娘に向き合った激動の日々を綴る。毎日新聞連載中から話題を呼んだ感動の手記。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件