そのノブはひとりの扉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163757308
  • NDC分類 779.14

内容説明

こんなに泣けない自伝があったとは!1977年から始まるおかしな物語。

目次

第1章 幼き扉(最も古い記憶;リカちゃん;死にそうになる ほか)
第2章 春の扉(尻軽漫画道;シャイボーイ;サスペンスドラマ ほか)
第3章 ひとりの扉(風が吹けば桶屋が儲かる;静かな月曜日;初ギャラ ほか)

著者紹介

劇団ひとり[ゲキダンヒトリ]
1977年千葉県生まれ。父の仕事の関係で幼少期をアラスカで過ごす。92年、コンビを組み芸人としてデビュー。2000年、ピン芸人として再出発。その後、俳優として映画やドラマでも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「劇団ひとり」ができるまで。自身が語る、昭和52年2月2日から始まる生い立ち。病弱だった幼少時から芸人として舞台に立つまで。

「劇団ひとり」ができるまで。自身が語る、昭和52年2月2日からはじまる生い立ち。病弱だった幼少の頃、5歳のときの初恋、小学校2年生から過ごしたアラスカでの日々、帰国してから浮いていた小学校高学年時代、バレンタインの思い出、「ナンノ」に憧れていた頃、ボクシングジムに通った中学2年生、とにかくシャイだった中学時代、その後できた初めて恋人……話は高校時代、芸人への道へと続きます。忘れないで下さい、これは「劇団ひとり」が書いた自伝です。どの思い出にもオチがあります。ひとりの人生を一緒に笑いましょう!