漱石の白くない白百合

漱石の白くない白百合

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163474700
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

内容説明

白くない百合を、なぜ漱石は「白い」と書いたのか?三島由紀夫は本当に松の木も知らなかったのか?泉鏡花、志賀直哉から安部公房まで、小説を植物学的に解剖すると…。

目次

泉鏡花描く紅茸
志賀直哉と藤の巻き方
漱石の白くない白百合
『デントロカカリヤ』異聞
スイートピーは悲しみをのせて 横光利一
洋蘭今昔 三島由紀夫
朝顔と漱石
三島由紀夫と松の木の逸話
毒草を活けた水を飲む事 泉鏡花・漱石
再説三島と松の木の逸話
“動物派”井伏鱒二の科学用語
『虞美人草』の花々
クロユリ登場
描かれた山百合の謎
『金色夜叉』の山百合
「ごんごんごま」とは?
紅葉のメカニズムと『伊勢物語』
関東大震災でカビた街
小説とチフスの役割
小石川植物園を読む

出版社内容情報

『それから』に描かれた白百合は実は白くなかった。鏡花、直哉から安部公房、三島まで植物学から解剖したスリリングな文学エセー