ハヤカワSFシリーズ<br> 冬至草

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワSFシリーズ
冬至草

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 21時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 305p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152087355
  • NDC分類 913.6

内容説明

北海道・旭川の郷土図書館で見つかった新種の植物“冬至草”の押し葉。太平洋戦争期の在野研究者が遺した記録から、ウランを含んだ土壌に生息して人間の血液を養分とする異様な生態が明らかになっていく―科学という営為の光と影を追究した表題作、異端の天才科学者の半生が浮き彫りにする論理と倫理の相克「アブサルティに関する評伝」、終末医療の情景を宇宙的な死生観から綴った芥川賞候補作「目をとじるまでの短かい間」ほか、全6篇を収録。架空の動植物を媒介にして、生命と科学の本質を描きだす理系小説の完成形。

著者紹介

石黒達昌[イシグロタツアキ]
1961年北海道生まれ。東京大学医学部卒業。1989年、「最終上映」で第8回海燕新人文学賞を受賞してデビュー。以降、東京大学付属病院外科に勤務する傍ら、純文学誌を中心に数多くの中短篇を発表。1994年、架空の動物ハネネズミの生態をレポートした横書き小説「平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに…」が芥川賞候補となり、大江健三郎氏、筒井康隆氏の絶賛を浴びた。同作および続篇を収録した『新化』や『人喰い病』などの作品集により、生物学・医学と文学を融合させた作家としてSFファンの注目も集めつつある。現在、テキサス大学MDアンダーソン癌センターに助教授として勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)