ハヤカワ文庫<br> 暁の脱出―グイン・サーガ〈117〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
暁の脱出―グイン・サーガ〈117〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 306p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150309060
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

グインは闘技大会の決勝戦を勝利して、ガンダルとの大闘王決定戦へ臨むことになる。そして祭りの最終日、狂奮のさなか、二人はついに剣を交えた。究極の剣技の衝突は熾烈を極めるが、ガンダルがグインを追い込んだと見えた次の瞬間、グインは肩に深手を負いつつもガンダルの脇腹に剣を深く突き入れていた。瀕死のガンダルはグインの正体を知ることを望み、グインは、自分こそがケイロニアの豹頭王であると告げるのだった。

著者等紹介

栗本薫[クリモトカオル]
別名に中島梓。東京生まれ。早稲田大学文学部卒。1977年中島梓名義の「文学の輪郭」で群像新人賞評論部門を受賞。1978年『ぼくらの時代』で江戸川乱歩賞受賞。以後、作家・栗本薫、評論家・中島梓を使い分けて多彩な文筆活動を展開する。小説作品は、ミステリ、SF、時代小説、耽美小説と多岐にわたる。ライフワークともいうべき一大長篇ロマン「グイン・サーガ」は、2005年に100巻を達成し、早川書房より継続刊行中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

瀧ながれ

27
グインが、ダメージを負ってここまで(身体的に)ぐらぐらになるのは初めてじゃないだろうか。回復力が凄まじいのは今さら驚きませんが、弱ってるとこみると、一応はニンゲンなんだなあと思いました。いろんなしがらみに縛られたうえ、リギアが愛馬を置いていけない!とか言い出すので、どーすんだと思ってるうちに、事態は急展開。タイスの政治がいちどきに大きく変わり、いろんな混乱に乗じてなんとか脱出成功しました。船から夜のタイスをみると、タイス嫌いのわたしでもちょっとジーンとしました。あと、もっと早く出てこいやヴァレリウス。2016/08/28

nonたん

27
タイトル通り、完了!白とグイン様の計画に、思いもよらぬ最強闘技士の反撃!がっつりヤラれてグイン様ピンチでしたね。それでも着々と計画を進める白!オマエはエライ!白伯爵の誕生!そして、脱出だ。見てたのね〜~見てたのよ〜~の魔道師くん!都合いいかな~。まぁイイか。マリウス君のガッカリ感が半端ないが、仕方あるメェww2013/09/09

きらら@SR道東民

26
長かったタイス編、やっと脱出。しかも観ていたのならもっと早くに助けてくれても良いものを・・・焦らせ過ぎです。兎にも角にも新たな展開にほっとしています。次巻はリンダに会えるかな。2015/11/08

きーみん

16
おっもしろかったな〜決勝戦♪やっとタイス脱出。次はパロかな〜2011/07/07

Toshy

10
方がついたと思ったら、一気にシナリオが進んで行きました。逆にもうちょっと名残をおしんでもいいのに、と、と思ったり。。とにかく、次巻から新章のスタートですよね!?2014/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/512482

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。