NHKブックス
百人一首の歴史学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911433
  • NDC分類 911.147
  • Cコード C1321

内容説明

藤原定家の撰した歌集「百人一首」。そこには、かつて栄華を誇った王朝の記憶が幾重にも織り込まれている。陽成、崇徳、後鳥羽などの王家の敗者、元良親王、敦忠、儀同三司母など恋に生きた人々、曾禰好忠、藤原実方、源重之など、都鄙往還した下級貴族たち…。そうした詠み手たちの分析から、王朝時代史の読み直しを行い、さらには、時代を超えて継承される文化の力を考える。歴史学の立場から王朝文化の枠に踏み込み、近代における王朝時代の認識のされ方まで射程に入れた碩学の野心作。

目次

1 「百人一首」の時代
2 神と人―敗れし者の系譜
3 男と女―「恋は曲者」
4 都と鄙―「名所」「歌枕」への誘い
5 虚と実―王朝の記憶を繙く
6 「百人一首」に時代をめくる

著者等紹介

関幸彦[セキユキヒコ]
1952年。学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士課程修了。学習院大学助手、文部省、鶴見大学教授を経て、日本大学文理学部教授。専攻は日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ほうすう

11
百人一首に採取されてる歌人たちの歴史的背景を描いている部分が大部分を占める。ちょっと広く浅くといった傾向が強く、あれよあれよと多数の人物が出てきて翻弄される。競技としての百人一首がある程度頭に入っている人が歴史を知ろうとして読むにはいいのかもしれないけど…。自分のようにちゃんと頭に入りきってない人間には取っつきにくい一冊だった。2022/05/26

moonanddai

8
武士の時代への流れの中で、王朝貴族の「矜持」として編まれた「百人一首」。その王朝時代の「記憶」が、武士へ受容され、そして庶民へも受容される。その「記憶」があったことによって、王政復古たる明治維新が成立した…。そして明治の「富国強兵」の時代へ移り行く中で、「王朝」文化の「優雅・繊細・柔軟」は否定されるべきものとして、一方で武家の「素朴・質実・健全」が称揚されていった…、といことでしょうか。ならば、政治的史的には、摂関政治とか国風文化とか何となくつかみきれない「平安時代」は、もっと違うものなのかもしれません。2019/12/30

氷柱

6
856作目。5月3日から。非常に読み応えのある一作。さらに論述のテンポや順序も素晴らしい。百人一首の舞台裏を垣間見ることのできる作品。作者同士の関係や時代背景をしっかり学ぶことができる。裏エピソード的な小噺感覚でさくさく読んでいけるので、あまり学術的な固さを感じない。それなのにひとつひとつの厚みが肉厚なので読み応えも備えている。ある程度寄り道をした上でここに辿り着いたからこその感想だという可能性は否めないが、百人一首を深堀したい方にはおすすめの一作となっている。2022/05/07

Ikkoku-Kan Is Forever..!!

2
ちはやふるの聖地巡礼する準備で読んだ。【「百人一首」の撰者たる藤原定家とその時代の歌人たちにとって、『古今和歌集』に代表される平安王朝の時代はどのように映じていたのか。当然ながら、歌人たちの選択や配列もふくめ、「百人一首」には定家自身の編纂意図が投影されているわけだが、定家個人の意思を超えて「鎌倉時代」が「平安時代」をどうみていたのか】というのが筆者の問題意識だけど、2~5章は歌の背景とかどこにでも書いてありそうなことで、本書の肝は、6章。中世後期~近代までの「百人一首」観から文化を考える視点は凄く新鮮!2012/08/05

にょの

1
百人一首の解釈本は多いけれど歴史的視点でみると歌の趣が変わります。 かるたをとっているとつい忘れがちになりますが百人一首は本当に奥が深い。藤原定家は超アナログな時にどれだけの情報をどうやって整理したのか…なんて思うとワクワクしてくる本の一冊です。2016/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/453819

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。