NHKブックス<br> 虫食む人々の暮らし

個数:

NHKブックス
虫食む人々の暮らし

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910917
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C1339

内容説明

東南アジアの田んぼで、アフリカのブッシュで、岐阜の森で、世界中の人たちが、顔をほころばせて昆虫を味わっている。虫を採り、食すことで、生命と環境に五感で触れているのだ。バッタを狙い、カメムシを買い求め、ヘボを愛する中で、カラハリ砂漠の子どもは狩猟民として生きていく術を学び、ラオスの人は都市化で消えゆく「野生」を取り戻す。つまり昆虫食とは、自然と対話して恵みを得る智恵なのだ。日本中、世界中の昆虫食を追って旅してきた著者が描く、昆虫と人間が相互に深く交わる、豊かで美味しい営みの姿。

目次

序章 虫と営みを重ねて
第1章 営みが虫をはぐくむ―虫とともに生きる人々
第2章 大地という食卓―地球のグルメ、イモムシ
第3章 野生を取り込む智恵―カメムシの「臭さ」を生かす
第4章 虫に恋して―スズメバチのロマン
第5章 虫に向かって開く―昆虫食的認識へ

著者紹介

野中健一[ノナカケンイチ]
1964年愛知県生まれ。名古屋大学大学院文学研究科史学地理学専攻中退。博士(理学)。立教大学文学部教授。専攻は地理学、生態人類学、民族生物学。昆虫食を取り上げて世界各地を訪ね、人々の自然資源の利用・環境認識・空間行動から「身近な自然と人間との関わり」を探る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)