NHK俳句<br> NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

NHK俳句
NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月22日 17時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140162682
  • NDC分類 911.307
  • Cコード C0092

出版社内容情報

俳句の基本24項目をもずく君とひぐらし先生の俳句問答に学ぶ『NHK俳句』テキスト人気連載「ひぐらし先生の俳句指南」が一冊に!

内容説明

句会編、吟行編を書き下ろし「NHK俳句」の人気連載が1冊に。上達ヒントが満載!例句120句を収録。先生と弟子の問答による物語仕立ての俳句入門書。

目次

1章 入門1年目(もずく君、弟子入りを申し出る;もずく君、歳時記について問う;もずく君、俳句のリズムを学ぶ ほか)
2章 入門2年目(もずく君、一物仕立てを学ぶ;もずく君、取り合わせを学ぶ;もずく君、地名の活かし方を学ぶ ほか)
3章 入門3年目(もずく君、初めて句会を体験す;もずく君、初めて吟行を体験す)

著者等紹介

堀本裕樹[ホリモトユウキ]
1974年和歌山県生まれ。國學院大学卒。俳句結社「蒼海」主宰。俳人協会幹事。第2回北斗賞、第36回俳人協会新人賞を受賞。「NHK俳句」2016、2019年度選者。東京経済大学非常勤講師、二松學舍大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

緋莢

20
図書館本。『NHK俳句』連載に、句会編、吟行編の書き下ろしを加えたもの。<先生と弟子の問答による物語仕立ての俳句入門書>と帯にあるように山吹もずくが、俳人のひぐらし先生に弟子入り、俳句について様々なことを教わっていきます。歳時記は何を選べばいいか、切れ字、取り合わせ、外来語の使い方など読みながら、なるほどな、と思う所多数でした。著者は本田『ほしとんで』という俳句漫画の監修もしており、そちらも俳句初心者の話なので この作品に興味を持った方は是非!2020/04/19

ぽけっとももんが

8
図書館新着本。残念ながらどう捻ってもわたしから俳句は出てこないらしい。でも鑑賞するのは好きだ。初心者のもずくくんが美味しいもので師匠を籠絡し押しかけ弟子になる。その料理は美味しそうだし、師匠の説明はわかりやすいし、たくさん紹介される句は好きなものやぴんとこないものなどいろいろあって楽しい。2019/11/19

量甘

7
ひぐらし先生と弟子のもずく君との俳句談義から俳句の基礎が学べる俳句入門書。季語になっている旬の食材を使った料理を二人で囲む場面がとても楽しい。それにしても、もずく君はお料理上手…。もずく君の料理を食べたくなりました。2019/11/08

たな

5
押しかけ弟子とその俳句の先生とのやりとりが面白い俳句入門本。テーマごとの説明が優しくていい感じ。ただ、前の桜木杏さんの俳句入門でも思ったのだが、恋愛要素はいらない気がする。2020/05/21

Y.C.STUPID

2
気持ちのいい師弟関係と季節を感じる美味しい飯と、楽しい俳句学習。多幸感に溢れるおススメの一冊なのだった。NHKで連ドラにしましょうよ。癒しドラマになると思う。2019/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14028002

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。