アメリカン・ナルシス―メルヴィルからミルハウザーまで (新装版)

個数:

アメリカン・ナルシス―メルヴィルからミルハウザーまで (新装版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年10月21日 03時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 264p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130801072
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C3098

内容説明

自己をめぐる文学的想像力に読む、アメリカ文学のもうひとつの系譜。第27回サントリー学芸賞受賞図書。

目次

1(『白鯨』あるいは怒れるナルシス;ポオあるいは怖れるナルシス;都市のナルシス―「群衆の人」論;ハックの中の社会―『ハックルベリー・フィンの冒険』論;欲望のダブルバインド―『シスター・キャリー』論)
2(ピアニストを撃て!―物語としてのアメリカ;アメリカ文学と帝国主義;ジャメイカ・キンケイドの『小さな場所』第一章を教えることについて)
3(贋金と写真―『舞踏会へ向かう三人の農夫』論;ポール・オースターの街;所有と快楽―スティーヴ・エリクソン『Xのアーチ』について;ケーキを食べた男;スイート・ホーム・シカゴ―スチュアート・ダイベックの世界;驚異とアイロニー―スティーヴン・ミルハウザーの世界)
ナルシスその後

著者紹介

柴田元幸[シバタモトユキ]
文芸誌『MONKEY』、英語文芸誌Monkey Business責任編集。翻訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

※「解説」のコピペです【要編集】↓
翻訳家,エッセイストとしても知られる著者によるアメリカ小説論集.メルヴィルからオースター,エリクソン,ダイベック,ミルハウザーへ,あらゆる細部を愛惜するかのような著者のスタイルが「もうひとつのアメリカ文学」を描き出す.翻訳家,エッセイストとしても知られる著者によるアメリカ小説論集.メルヴィルからオースター,エリクソン,ダイベック,ミルハウザーへ,あらゆる細部を愛惜するかのような著者のスタイルが「もうひとつのアメリカ文学」を描き出す.初版2005年.

I

1「『白鯨』あるいは怒れるナルシス」

2「ポオあるいは怖れるナルシス」

3「都市のナルシス――「群衆の人」論」

4「ハックの中の社会『ハックルベリー・フィンの冒険』論」

5「欲望のダブルバインド――「シスター・キャリー」論」



II

6「ピアニストを撃て!――物語としてのアメリカ」

7「アメリカ文学と帝国主義」

8「ジャメイカ・キンケイドの『小さな場所』第1章を教えることについて」



III

9「贋金と写真――「舞踏会へ向かう三人の農夫」論」

10「ポール・オースターの街」

11「所有と快楽――スティーヴ・エリクソン『Xのアーチ』について」

12「ケーキを食べた男」

13「スイート・ホーム・シカゴ――スチュアート・ダイベックの世界」

14「驚異とアイロニー――スティーヴン・ミルハウザーの世界」



The American Narcissus

Motoyuki SHIBATA

柴田 元幸[シバタ モトユキ]
柴田 元幸
柴田元幸: