連帯と承認―グローバル化と個人化のなかの福祉国家

個数:

連帯と承認―グローバル化と個人化のなかの福祉国家

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年07月19日 04時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 262p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130501699
  • NDC分類 364
  • Cコード C3036

内容説明

給付と規制、連帯と承認―福祉国家はいかなる思想と方法をもって私たちの生活にかかわっているのか。福祉国家論の展開を丁寧に読み解きながら、新しい社会の姿を構想する。

目次

福祉国家とは何か
1 社会変動と福祉国家―グローバル化と福祉国家(福祉国家と福祉社会の協働;福祉レジーム間のヘゲモニー競争;グローバル化と福祉国家;個人化と福祉国家)
2 福祉国家の比較研究―福祉資本主義の3つの世界(日本の福祉国家レジーム;福祉オリエンタリズムの終焉―韓国福祉国家性格論争の教訓;福祉レジーム論と東アジア世界;福祉国家形成の国際環境;市民権の構造転換)

著者等紹介

武川正吾[タケガワショウゴ]
1955年東京都生まれ。1984年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

福祉国家とは何か。グローバル化と個人化にさらされる福祉国家を深く考察し、東アジアを射程に入れた福祉国家論を展開する。