奴隷制南部と保護主義―南北戦争前期アメリカ経済史研究

個数:

奴隷制南部と保護主義―南北戦争前期アメリカ経済史研究

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2021年10月19日 15時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130461351
  • NDC分類 332.53
  • Cコード C3033

出版社内容情報

「アメリカ体制」と呼ばれた19世紀アメリカの保護主義的経済政策の実態に,州・地域・連邦・大西洋両岸という四つの視角から迫り,国内の単なる地域間分業ではなく,全域での地域間不均衡是正と地域に即した産業・工業の発展が目指されていたことを明らかにする.

目次

南北戦争前のアメリカ経済とアメリカ体制
第1部 アメリカ体制の一基盤―ケンタッキー州の政治経済構造(地域類型「南部」としてのケンタッキー州ブルーグラス地方;ブルーグラス工業と第二合衆国銀行;ブルーグラス工業とラテン・アメリカ通商構想 ほか)
第2部 自由貿易と保護主義の狭間で―奴隷制南部の経済構造(プランテーション商品作物生産間の利害対立―一八二四年関税法案をめぐって;ルイジアナ州でのアメリカ体制受容―砂糖生産の拡大と保護主義への旋回)
第3部 ホイッグ党の経済政策とアメリカ合衆国(ホイッグ党プランター層の保護主義論;中央「州権」主義としてのアメリカ体制―ホイッグ党の経済政策思想)

著者等紹介

平出尚道[ヒライデナオミチ]
1962年東京都生まれ。1985年東北大学経済学部卒業。1990年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。現在、青山学院大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。